お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

完母と混合育児

 

本日、我が家でちょっと議題に上がった内容です。
完全母乳と混合育児、どっちが良いの?あ、一応完全ミルクという選択肢も含めて…

おそらくほぼ全てのお母さんがぶつかったであろうこの議題。
皆さんはどのように乗り切って来られたでしょうか?

 

ネットで調べても、まぁいろんな角度でいろんな意見を持っている人がいっぱいいて、その分記事も動画も本もその数だけ見つかります。

正直、論文とかまで読む気にはならないし、専門家でもないので、本当の意味でベストな選択肢がなんなのか、なんていうのは分からないですが…
とりあえず、我が家は混合育児を選びました。

今日は、備忘録的にその内容を書いておきます。

混合育児を選んだワケ

混合育児、すなわち母乳とミルクを併用する育児法なわけですが、これを選ぶ上で、どんな条件を吟味したのかを整理します。

まず、我が家で最もダイジなのは、母体…つまり、奥様の健康です。
この「健康」については、肉体的、精神的に良好な状態であるということを指します。

この健康を維持するために必要な条件というのが、例えば以下。

  1. 伶奈さんの育児に関して、出来る限りのことをする。
  2. なるべく睡眠をとるように心がけ、眠くなったら寝ることが出来るようにしておく。
  3. 不要に疲れが溜まることは、なるべくさせない。(家事など)
  4. ストレスのかかる情報、事柄になるべく触れない。
  5. 不満はすぐに伝え、発散できる雰囲気を作る。

この内、①と②と③を両立させていけるかどうかが、この母乳問題に関わってきます。

まず、①の育児に関して出来る限りのことをするという観点で言えば、母乳での育児が推奨されます。
赤ちゃんの育児に関しては母乳が完全栄養食で、免疫力の向上や知能の発達などにも良い影響が与えられるというように理解しています。
また、母体の健康という面においても、子宮収縮を促進させる、胸の張りを無くせるといった面のメリットは大きく、なるべく母乳での育児を行いたいというのが、双方の意見として合致していました。

ただし、②と③に関しては、完全母乳にすると困難が生じます。
夜中の授乳をすることになると、どうしてもまとまった睡眠時間の確保が出来なくなります。それに、授乳だけして終わりというわけではないですよね。おむつの交換や、もし授乳によって覚醒してしまった場合は寝かしつけだって必要です。

 

実際、病院から帰ってきての数日間に完全母乳のローテーションを試してみましたが、うまくは行きませんでした。
やはり睡眠時間が削られてしまうことの影響は大きく、加えて、母乳が溜まるペースも追いついておらず、十分な量を供給できないという結果になってしまいました。

こうした結果を踏まえ、現状行っているのが混合育児ということになります。

 

混合育児のやり方について

現状の方針としては、以下のような動きを取っています。

  1. 基本的には母乳を直飲みさせる。
  2. 23時の授乳タイミングで搾乳も同時に試みる。その後、奥様は就寝し、5時まで眠る。
  3. それ以降はパパが深夜2時まで様子を見て、時間になり次第、搾乳した母乳、ないしは粉ミルクを適正量作り、飲ませる。

搾乳については、消費期限が大体4時間程度という情報を踏まえて23時に行っているのですが、現状、MAXでも50mlとなっており、出ないときもあります。そのため、粉ミルクでの対応は欠かせません。

結果的にどうかというと、割とうまく回っています。

ミルクの方が腹持ちが良いらしく、日中は2時間程度でミルクを所望する伶奈さんも、こちらから起こさない限りはしっかり寝てくれます。
そのため、奥様も睡眠時間が十分に確保できているようです。

個人的にも、朝は特別起きる必要がないということでゆっくり眠れているので、ストレスフリーです。

 

あとがき

この母乳問題もそうなのですが、分娩方法など…世の中では「こうしたほうがいい」というお話がいろいろとあります。

昔からお母さん大学周辺に触れていた身としては、なるべく自然に近い状態の方が良いのだろうと、そういった気持ちもあるにはありますが…
正直、その辺の「かくあるべき」というような話については、結構当事者としては重いものがあるなと感じます。

私は男性ですから、産むわけでもなく、母乳をあげるわけでもありません。なので、当事者でもない人間が、「こうしたほうがいい」と神話を掲げて話をしにいくのは違うと考えています。

 

もちろん、中には気にしたほうが良いものもあります。
フライドポテトとか、添加物モリモリだったりするものはあんまりあげないほうがいいよ…とか。そのくらい、明らかに悪影響があるものについては、口を出してもよいかなと思ってます。この辺は感覚値ですね。

ただ、良し悪しの議論が世間一般でなされているものに関しては、主張をする際の根拠が大事だと思うわけです。
その手段を用いた際のメリットとデメリットを明確にして、かつ、なぜそうと言えるのかという、エビデンスを用意することです。論文なり、書籍なり…。最悪ネット記事でもいいと思いますけど。

 

結局、我が家は無痛分娩にしました。本当は自然分娩の方が良かったのかもしれない。
まぁ、個人的にはその方が愛着が湧くのではないか、とか、障害とかも起きないんじゃなかろうか、みたいな雰囲気的なものでそう思っていた程度なんですけど…。

でも、この分娩方法にしても、奥様からしたら悩みのタネだっただろうし、今後も背負っていくものなのだろうなと思います。「自然分娩の方がいいよ」という論調の話が出るたびに、ズキッと胸が痛むのではないかなと。

結果的には、出産自体もとてもスムーズに進んだし、退院してからも元気だし、娘も健康体だしでオールオッケーだったなぁと思います。結果的にはね。

「出産も痛みは全然なかったから、これなら二人目もいけそう!痛いのが恐いからって、産まない選択している人も、これなら大丈夫なんじゃないかなぁ」

出産後に、奥様はこう話をしていました。
その前は、「妊娠~出産が大変すぎて、2人目ほしいけど悩む…」と言っていたのに。完全に前向きに変わりました。

 

いろいろと書きましたが、私が言いたいのは…

「人の選択肢を減らす、ないしは強く誘導する発言は、少なくとも家族は控えるべきであろう」ということです。

他人はなんでもいいと思います。そこまでの文脈も知らないであろうし、あくまで一つの考え方として消化されるものです。学び取れる部分があれば、勝手に本人が吸収するでしょう。そこの主義思潮を制限してしまっては、何の発展もありません。

でも、家族だったり、特に、最も身近な夫という存在から、自分の取ろうとしている方法に対してネガティブな意見が、しかもたいした説明もなく出てきたら、半永久的に気にするだろうな…と思うのです。意見を求められたのであれば、話は別ですけどね。言った側は気楽な発言でも、言われた側はよほど気にするってこと、よくあるはずです。

ということで、今後も伶奈さんの育児を巡っては、奥様といろんな話し合いをすることになると思いますが…
ちゃんと整理して、我が家ならではの解法を見つけていきたいなと思う次第です。

 

20件のコメント

試行錯誤伝わります。
私の三人の子はそれぞれ混合で育ちました。
母乳は出ても、飲んでもらえないと生産をストップするようで、掛かり付けの助産師さんからは、直飲みの刺激が次の母乳の生産を促すと教えられました。初産で、まだ小さな赤ちゃんの小さな口が、乳首を上手く口にふくめず、体力も弱いので吸い続ける時間も短い。
だから、頻回授乳でした。育児書にあるような、数時間間隔なんて、理想論。毎回赤ちゃんの匙加減で母乳を飲ませて、根気強く吸える訓練を初めの数ヶ月叩き込まないと、赤ちゃんも楽に飲める哺乳瓶に甘えて、直飲みを嫌がるようになると、助産師さんからは言われました。
搾乳は、直飲みとは違って母乳生産を促すリズムや吸引を伴わないため、そのうち出が悪くなったり、乳腺炎の原因にもなりやすかったです。
栄養の面は、どちらも変わらないと思っているし、母体が疲れていたら休ませてもらえるのはありがたい。
授乳のリズムや赤ちゃんの授乳のスキルが上がっていけば、自然と楽になるようになり、吸われている間も、乳房全体から沸き上がるような母乳生産の感覚を味わうことができるようになり、吸われる度に、幸せなホルモンが分泌されるようになった記憶があります。
母乳の生産を落とさない程度に、ミルクに頼りながら、丁度良い授乳のスタイルを見つけてみてくださいね。
お母さんもお父さんも幸せな授乳タイムを!

今のところ、奥様の母乳の出は悪くないようで、吸われさえすれば順調に出ているようです。
この記事を書いておきながら、早速今日はリズムが崩れました。頻度が教科書通りなのは最初だけだったね、なんて話になるかもしれません(;^ω^)
うまくミルクと母乳とで、やりくりしていきます!

うちは子供は一人目は混合で二人目は完成ミルクでした。
一人目の時に産院から保育園に預けるなら哺乳瓶に慣れてた方がいいと言われて納得したから混合にした。二人目は早産だったのもあったし一人目の時に母乳から良く覚えてないけどうつるかもって言うのがあって悩んだ結果二人目はカンミです。
でも思ったより病気もしてないしって今は思える

なるほど、保育園に預けることを考えたら哺乳瓶慣れがメリットになるわけですね。
病気するかしないかも、母乳以外の要因がいくらでも絡んでくると思うので…
結局は、何かあった時に後悔しないように、リスクを鑑みて選択をしていくことが大事なのでしょうね!

うちは一人目はミルク多めの混合、二人目は完全母乳でした。
両方完母が良かったのですが、一人目は体重が小さくて吸う力が弱く、母乳の出が悪かったです。
辛かったのは夜中の哺乳瓶洗い!主人が出張のある仕事なので、おむつ替え→授乳→ミルクづくり→ミルク→寝かしつけの後に洗う元気がなく…朝にまとめて洗ったりしてました。
あと荷物が増えるのが嫌で、二人目は完全母乳にする!と色々調べ、とにかく生まれてすぐから授乳しまくりました。出が悪くて何度も泣いてかわいそうだったのですが、そこは子どもにも協力してもらって、常に吸い付いている状態でした。おかげさまで母乳育児も軌道に乗り、お出かけの荷物はケープ一枚で済みました。

ミルクと母乳で成長が変わるか。それは分からないですよね。
何となく下の子の方が体が強いなとは思いますが、それが母乳のおかげかは分からないです。
初乳の有用性だけは信じているので、私的にはそこがクリアーできてればOKです。

こんな話を主人とはしてなかったと思います。
産後は「私が守る!」と本能全開のガルガルモードになっていたので、主人はヘトヘトの私を見ながらどうしたらいいかと迷っただろうなと思います。

私は誘導&論破する派(控えないとと思っているんですが、つい…)なので、夫婦間で冷静に話し合えていてすごいと思います。レオさんの事前準備に感動します。

夜中の哺乳瓶洗い、地味に面倒ですよね…パパ的には完全母乳の方が手間が少なくて楽だなーなんて考えも出てしまう程度には(;’∀’)
ちなみに我が家が話し合えている要因は、完全に奥様がちゃんと調べて伝えてくるからですね。
こちらで記事を書いていることもあって、話しかけられたらある程度イメージが湧くようになっているので話せているのもあるかもしれませんが…
この場と奥様には感謝、感謝です!

私、恥ずかしながらなんにも事前に情報いれず出産。育て方にこれだけ選択肢(完母、完ミ 混合ナド)あると知らずに咄嗟に混合で、といいました。そもそも母乳がどのくらいでるのかなぁと不安があったからでした、
結果、ちょっと親に預けて買い物いきたい、とかなったときに混合だとできる、やっぱりその時その時で母乳もでたりでなかったり。これが量測れないので不安があるので、ミルクあると助かるなあというところがありました。

男性で中々そこまでちゃんと調べて対応している人がいるのだろうか、すごいですね^ ^

大昔から赤ちゃんは育っているわけで、別にこんなこといちいち考えなくてもなんだかんだ育つだろうに…なんて考えてしまう一面もあるのです。
なので、調べていることが本当に良いのかは分かりません。最終的には家族全員健康でいられたらそれで良いですよね。
混合にアレルギーを出さず、うまく負担を減らせるように付き合っていきたいと思います!

まず旦那さんがここまで授乳について考え、思いやってくれるっていうところがすごい!!
もし出版したら、出産前後のパパ必読本になりますよ✨

さてさて、わたしは完母でしたが、いまもしもう一回やれるなら、混合でいくかも〜!
産んだところの助産師さんも初日が大事よ〜!から始まり、完母オススメしていて、アメリカ行ってからも母乳の素晴らしさを教えてくれる完母ママに出会い、母乳もよく出たし完母一択でした。ケープをかければすぐ授乳できる、赤ちゃんがお母さんを見つめながらおっぱい飲んで…っていう良いところもいっぱいあったと思うけど、あの時のわたしの体重39キロ…身を削ってました(^^; 夜中も頻回授乳だし。

2人目の時は産後うつになって服薬をしないといけなくなったので、9ヶ月で志半ばで(笑)ミルクに切り替えましたが、だからといってどうこうなったわけでももちろんなく、スクスク育ってくれました!わたしもよく休めました。

だからどっちが良いとか、こうじゃなきゃ!じゃなく、心地よい選択をできるといいですね(^^)

出版できるくらいまともな文章が書けたらよいのですが笑
完母はお母さんへの負担がとても大きいと思うので、それでやり切られたのはすごいですね!!体重も身を削るの読んで字のごとく…
今のスタイルもいつまで続くか分かりませんが、気負わず臨機応変にやっていきます!

産院が母乳を推奨していて、スケールで飲んだ量を測るシステム。育児ノートにびっしり数字が並んでいました。
もちろん、実家に戻ってからも1ヶ月スケールをレンタルして毎回飲ませる前に乗せて測り続けました。あまり飲んでないとわかると、何十分もくわえさせて、くわえる力や母乳の出も悪かったのですが、母乳にこだわり、高額なおっぱいマッサージを受けたり、母乳の出が良くなるという食べ物を食べたり、本当に何かに取り憑かれたようになっていました。一人目の時は、夜もすぐ起きることから、親におっぱいが足りてないんじゃないの?と言われるたび、不甲斐ない母親でごめんと子に思うのと同時に、親に言われる度に傷つきました。もう少し眠りたいからミルクを足そうとした時には、すでに遅しで、ミルクを全く飲まなくなり(哺乳瓶の乳首が嫌だったかも)結局夜中はたったひとりで対応する羽目に。孤独でした。
本当に辺りが暗くってくる夕暮れ時が怖くて怖くて、嫌でした。また孤独な夜がくると思うと怖かったんです。
でも、二人目からは以外とスムーズで、全員完母で育てました。
でも、レオさんのように、そばで寄り添ってくれる人がいることは、どんなに心強いことかと思いました。
こうやって色々考えてくれることも、なかなかできません。
二人で話し合っていることにも、感心させられました。

田端さんの完母っぷりはすさまじいですね…本当に頭が下がります。
一度目にプレッシャーを感じられていたエピソードは、まさに恐れていることそのものです。
初めてのことだけにこれから不安なこともあると思いますが、うまいこと二人で乗り越えていきたいです!

本当に、旦那さんが細かく知っているのはびっくりです!!
でも当時の自分なら、ガルガルしてたので口を出さないでくれって言ってそうです(^^;

薄さんも書いてらっしゃるけど、月齢低いうちはまだお母さん側も生産体制に入る途中なので、直接飲んでもらわないと出にくい、搾乳は厳しいと助産師さんに言われました。

ちなみに、私自身は産院で飲ませる初乳以外は母が母乳でなくて完全ミルクで育っています。
娘は混合を狙っていたら離乳食開始してすぐに、母乳以外(おかゆもおかずもミルクも)完全ストライキを開始。食べてくれないし、ふらふらだし、ミルク飲まないから夜泣きは頼めないし…と予定通りにはいきませんでした。6ヶ月頃から2ヶ月弱くらい、私なんかの母乳だけで成長できてるのかという不安いっぱい。なのに順調に成長。
下の息子は混合のまま、ごはんもめちゃくちゃ食べるし、卒乳もすんなり。でも背が小さくて健診で指摘されました。
お母さんと子どもの数だけ、みんな語れる気がします(笑)。

母乳が好きな子、ミルクが好きな子…授乳一つとっても、親子の数だけストーリーがありますよね。
うちの母娘にとってのベストな選択肢が何なのかは試さないと分からないし、それも状況で変わるのだと思います。
情報は仕入れつつも、振り回されないようにサポート頑張ります!

れおさんとまほさんとれなちゃんがいいことが1番の正解だと!!
他の人の意見も必要だけど、もうすでにしっかり考えて選択できてる〜!
色んなこと言われたり、思ったり、私も悩んですごーく泣きました。

育児はじめて1週間。記事でれおさんも書いてましたが、
ミルク、おむつ、沐浴、洗濯
箇条書きにしたらこの程度の量なのに、準備片付け、ゲップ、寝かしつけ…
あっという間に3時間。。
母乳だと左右飲ませて、時間測って…
どこで休むんだろう…と思ってました。
疲れが出てくるってそう言う毎日から来ると思うんです。
だから、青柳家がいい方法が!心が元気な方法が!私は一番いいと思ってます!!!
悪くないですよ、混合育児!
一番美味しいとこどりだと思います〜!
大きくなあれ〜!!

最近母乳だと片方10分以上飲んでたりするので、全部で30分程度が当たり前にかかってしまうんですよね。
飲ませた後は疲労感で動けなくなる…ってだけで1時間。その1時間後にぐずり出してあやすことを考えると…
うちは二人で出来ているのでともかく、ワンオペの方はどれほどのストレスと戦っているのだろうと恐ろしくなります。
伶奈さんともども、夫婦も大きく育っていきます!

どっちでもいいのよ〜真帆さんが辛くなくて、レオさんも笑顔で、
伶奈ちゃんがお腹いっぱいなら〜。

いいところも、悪いところも、どっちもおなじくらい、そう思います。

二人目から取得した寝ながらおっぱいの技は、
便利でしたが、おっかさん道まっしぐらなので、やらなければよかったなぁ(笑)

寝ながらおっぱいは気になります!うちも試そうとしているものの、寝返りを打つ夫婦なのでつぶさないか心配で出来ていない…
でも、出来たらできたで弊害もあるのですね笑 これも一長一短だなぁ(;^ω^)

岸さんや植地さんの書いてる通り、
何選んでもいい、と私も思います。

何を選んだとしても、悩むし、迷うし、後悔する。
わが子にとって何が最良なのか、
それをずっと悩み迷い続けることそのものが「育児」なんだと、母歴10年の中堅母は思います。

わが子の心と身体が満たされていれば、とりあえず花まるです。

コメントを残す

ABOUT US
青柳伶旺
多摩市在住の新米パパです! 普段は都心で営業マンをしています。 社内婚の奥様と、ゆるゆる毎日過ごしています。 趣味はボードゲームとドライブ。料理は夫婦で練習中です。 よろしくお願いします(=´∀`)