お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

本当にこの写真でいいのか…?

新しい身分証明書として注目を浴びているマイナンバーカード。
ほんの少し前までは、写真付きの身分証明書として一般的だったのは運転免許証。
お母さん大学生の中にも、「運転はしないけど、身分証は欲しいから…」という理由で免許を取った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

対して、マイナンバーカードは日本国民であれば誰でも所有することが出来ます。
つまり…?生まれたばかりの我が娘も、マイナンバーカードの発行申請が出来るわけですね。
というか、作るようにということで早速お役所から書類が届きました。

で、このマイナンバーカードの発行には写真を付ける必要があるわけなんですけど…
撮ったのがこちら。

え、これでいいの?ほんとに?笑

一応これで申請書類提出してみますけど、なんか心配になる(;^ω^)

 

ちなみに、マイナンバーカードはなにかと便利ですね。
今だと2万円分のポイント還元とかもしてくれるので…
参考サイトを…

①健康保険証として利用ができる

②お薬手帳としても利用可能

③コンビニで住民票などの各種証明書が取得可能

④各種行政手続きのオンライン申請が可能

そのうちカードじゃなくて、網膜とか指紋とかの生体認証に切り替わって、口座とかも全部それで管理できるようになるんでしょうね。

ディストピア待ったなしとか言われますけど、個人的には完全管理社会の方が手続きの手間もないし、詐欺とかも発生しにくくなる(電子的にログを残せる)と思うので、早くそういう風になってほしいものです。

娘が成人するころにはそんな社会も来ているのかな~