校正のコツ ②

好評だったので第二弾♪

●表記の統一

なんかかたくて難しそうですね。

でも単純で簡単なんですよ。

たとえば「こども」という言葉。

子ども、子供、こども、コドモ。

もし、紙面の中にこの言葉が混ざって使われてたら「ん?」とひっかかりますよね。

寄稿していただくものは別として、統一しましょう。

 

●二重表現、重複表現

これも難しく聞こえますが大丈夫。

代表的なのは「頭痛が痛い」「馬から落馬」「返事を返す」とか。

意味はわかるけどダブって表現してるということですね。

コレ、気をつけているとアナウンサーさんが間違ってるのを

見つけたりして、けっこうおもしろいです。

 

つづく

★画像は長谷川義史画伯のビリケンさん

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪