うつうつお母ちゃんの座談会 vol.26

お二人の方と今年初めての座談会。
年末年始を経て、無事に座談会で会えたことを喜び合いました。

久しぶりの会で、初めはぎこちなかったものの
家族と過ごす時間が長かった冬休みの話題は尽きず
あっという間の1時間でした。

今回の質問は。。。

・年末年始の主人の帰省やコロナのストレスで精神的にも参ってしまっている。

・子どももイヤイヤが強くなっていて、手に負えないときもあり、母に手伝ってもらいながらやっている。

・保育園で「土曜日は、基本的に自宅で見てください。仕事をしている人または通院の時には預かります」と言われた。
精神的に体調が良くない時は預けてはいけないのか。自分は育児放棄しているのか?

・近頃、子どもが夜中に何度も起きて、起こされて…睡眠不足。お昼寝って何歳頃までするものでしょうか?

質問や話したいことは、うつうつお母ちゃんであっても
子育て中の悩みは、外で動き回っているお母ちゃん達と何ら変わりはなく、
ただそこに、少しの手助けが必要なだけ。

そして、終わった後の感想。。。

・座談会に来て、思ったことを吐き出してスッキリしました!

・久しぶりの座談会、少しドキドキしましたがワクワク感で来ました。

・悩みは尽きませんが、自分のできることを少しずつやっていきたいと思います。

といった感想の他に

・緊急事態宣言中ですが、皆さん元気で安心しました。

・コロナがきっかけで、産前産後うつのお母さんが増えているとのこと。
 (心配です)私にもう少し余裕ができたら橋渡し役ができたら…と思っています。

周りを気遣うメッセージがありました。
自分のことで精一杯だった彼女達の大きな変化を感じることができ
本当に嬉しく思いました。

今日は、オンライン座談会。
申し込み1つでも、人一倍勇気がいることを私は知っています。
会のメンバーと、その貴重な時間を共有しながら
次に出来ることを考えていきたいと思っています。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

MJの友人に誘われて書き始めた『うつうつお母ちゃんの産後道』というコラムをきっかけに、現在ちっごのメンバーと当事者による当事者のための座談会を月に一度開催中。上の子の時に精神科に入院し「自分は母親失格だ」と泣くが、Dr.より「何をしたからお母さんじゃないよ。そこに居るだけでお母さんなのよ」と言われる。今でもこの言葉が私を支えている。同じように、てんやわんやの毎日を送るお母さん達にもその言葉を届けたい(*^^*)