誰もいない新雪だけどやっぱり誰かと滑りたい

「山形のわたし版(当時の地域版)は
多田さんが第1号!
新雪の上を滑るようなものだよ!」と
藤本さんに言われて5年前に始めた山形市版。

先日「ちゃんとスキーが
できるようになりたい!」と、
幼稚園児や小学生に混ざって
「一日スキー教室」に行ってきました。

派手に転がり落ちながら、
時には立ち止まりながら、
思い出したのは最初の藤本さんの言葉。

山形市版を作り始めたときは、
確かに私しか滑っている人が
いない状態でした。
でも、のんびり滑っているうちに
「私も一緒に滑りたい」と言ってくれる
仲間が増えました。
その仲間たちと新聞を一緒に作ったり、
お母さんのためのイベントを
開催したりするようになりました。

山形市版以外の「わたし版」は
今のところ無いし、
私以外に活動している
「山形在住のお母さん大学生」は
いないけれど、
少しずつ広がっている手応えみたいなものは
感じます。

新雪のようにキラキラもしていない
普通のお母さんだけど
「一緒に滑ってみようよ!」と言い続けます。
一緒に子育て、しようよ!

ABOUTこの記事をかいた人

多田理恵

山形市版編集長。 お母さん大学生の皆様、 FacebookやTwitter、 お気軽にフォローお願いいたします