初取材はなんと!『パンプキン!』著者の令丈ヒロ子さんです!

  1. 毎日暑いですね。セミもなき始めました。
    やっと取材記事を書き終えたので取材秘話をお届けします!
    今回は『PART1ー前置き編』

先日、初の取材に行ってきました!

取材デビューです♪

小学生に大人気の「若おかみは小学生」シリーズ、略して若おかみシリーズの作者である
令丈ヒロ子さんのお仕事場にお邪魔しました。
初にしてなんと作家さんへの取材です。

まだ取材の話もない先月、とある講演会で「小学生に人気の若おかみがアニメ化された」との情報を得ました。
ちょうど小4のムスメがいるので、
軽い気持ちで娘に本を手渡したのでした。
私も初めて青い鳥文庫に触れた瞬間でした。

余談ですが、私は中学生の頃、仲間内で人気だったコバルト文庫とか講談社x文庫などをよく読んでました^ ^

そしたらムスメ。

想像以上のハマり方。
名前を読んでも返事もせず、入り込んでます。
ちょっとの空き時間にずっと読んでる。。。
すごいです。 その入り込み方が気になって私も読みました。
展開が面白いのでどんどん読んでしまう気持ちわかりましたよ!
大人でいうところの徹夜本!

この本2003年から刊行されているので、知り合いの娘さんなど今は高校生くらいなのですが
「娘が小学生の時にハマって読んでたよ」との声をたくさん聞きました。
ロングセラー本でもあります。

そんなことをしていたら、編集長から 『パンプキン!-模擬原爆の夏』を紹介してもらいました。

読んだことないです。などとやりとりをしていて知った事実。
なんと!
若かみシリーズの作者と同じ作者!   令丈ヒロ子さん!なかなか結びつきませんでした。
それからすぐに図書館で借りて読みました。
前々から絵本に戦争ものはいるのか、

小学校高学年になった娘に戦争をどう伝えるのか、                   など色々と考えることもあり、ぜひ取材に行かせてください!

となったのでした。

取材の準備として令丈さんの作品を何冊か読みました。
絵本も書かれています。

なんと昔話もありました。
幼年童話からYA(ヤングアダルト)まで幅広く作品を出されています。
私のお気に入りは『メニメニハート』です。

取材に行く話を書こうと思ったのに前置き長いですね。。

続きは『PART2-取材当日編』で。。。。

『若おかみは小学生』全20巻
令丈 ヒロ子作  亜沙美画 講談社青い鳥文庫 2003年-2013年

『パンプキン-模擬原爆の夏』令状ヒロ子作  宮尾和孝絵 講談社 2011年

 

5 件のコメント

  • 初投稿おめでとうございます。
    記事に勢いを感じました!!!
    若いお母さんって活気があっていいな~と感じました。
    私は漫画が苦手で読んだことがありません。
    せいぜい4コマ漫画が限界です。(笑)
    活字でないと、しかも小説を若い頃読まなくて偏った読書の続けているはずです。
    ようやく新聞小説を読んだりしますが、今度は人が大勢出てくると覚えきれない頭で苦心するのです。
    日本の名前ですらこうなのだからましてや外国の小説などは若い頃に読んでおくべきだったと
    今頃ぼんやり思う羽目に至っています。
    何が言いたいか・・・要するにいろんなジャンルを超えて読むことの楽しさを感じてほしいですね。

    • 池田さん
      ありがとうございます。勢いがあるとのコメント、嬉しいです。
      宇賀さんのコメントにもあるように令丈さんの「若おかみ」シリーズも『パンプキン!』も児童書で読み物です。
      絵がどちらも今の小学生向けになっているので少しアニメっぽく感じるかもしれませんが、文章もさることながら
      絵に関しても子ども達に読んでもらえるように工夫されています。
      また続きの記事もアップしていきます♪

    • みっこさん、コレ、どちらも読み物なんですよ。
      「若おかみ」はアニメ、秋に映画にもなりますが
      中身は挿絵のある物語です。
      「パンプキン」は模擬原爆のお話。終戦前後に日本に49発の
      模擬原爆が投下されたお話です。
      大阪では大阪市東住吉区に終戦直前の7月26日に投下されました。

        • 児童書でしたか!
          私は自分が児童書の類もほとんど読まなかったので、子ども達が果たして小学生時代にどんなものを
          読んでいたのか・・・
          はっきり覚えているのは息子と娘二人とも漫画に熱中していたことは確かです。
          息子はギリシャ神話や江戸川乱歩を読んでいた気がします。
          読書習慣は楽しさを感じたらほっといても読む子になりますね。
          そこまで根付くために大人の姿勢が鏡であることを伝えていきたいですね。

  • コメントを残す