お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

刀とソードとブレードと

9月から仮面ライダーの新シリーズがはじまった
2シリーズ前から仮面ライダーを見始めた長男
今回のシリーズもすごく楽しんでいるようで、
まだ数話しか放送されていないけれど、すでにキャラクターや流れは掴んでいるようで
お父さん「あのパンダが…」と話し始めると
長男「白熊ね!」
といった感じですかさず訂正が入る

最近は学校から帰ってくると
すかさず別の部屋に入りドアを閉める

何をしているのかこっそり覗いてみると
「はぁー、しゃ!しゃ!とう!」
とおもちゃの剣を振り回している
仮面ライダーを見よう見まねで修行しているようだ

ただ、人に見られるのは恥ずかしいようで
覗いているのを見つかると、結構な勢いで怒り出す
「何してる!写真とるな!」
(もちろん面白いので、隠し撮りを試みているがなかなか撮らせてくれない)

だんだん、構ってくれなくなっているのが寂しいので
「その剣の修行いつまでやるの?」
と聞くと
「か・た・な ね。剣は両方に刃があるやつ!これは片方しかないやろ!」
と訂正される

なんだか賢くなっているのだが
やっていることはまだまだ幼くて
そのチグハグさがとっても愛おしい今日この頃だ

1件のコメント

まってました!宮里記者の記事!
すっかり変わって、どんどん成長していく様子が伝わってきます。

すかさず訂正されるの、、わかるなー--
子どもは結構厳しいんですよね。
私もダメ出しされてばっかりですww

コメントを残す

ABOUT US
宮里武行
沖縄出身福岡県久留米市在住の三児のパパです 子育てにおいて、大切にしていることは「全力で向き合うこと」 全力で一緒に遊ぶと、全力の笑顔を見せてくれる その一瞬で、いろんな力が湧いてくるような気がしています そんなわたしですが、家庭で一番大事なのは妻の笑顔です よろしくお願いします