お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

わたし版2号、なんとか完成

わたし版を今月も書くことができました。とりあえずは創刊号で挫折でなくてよかった。

今月から仕事が本格的に始まり、日中は怒涛の勢いで過ぎていく。余裕がなくて子どもたちに当たったりしてしまう日も多い。反省してもまた次の日には子どもたちに嫌味なことをいってしまったりする。まだまだうまく回っているとはいえない我が家、でも親も子どもも少しずつ成長していきたい。

夜な夜なペンを走らせると、今月はどんなことがあったかな、どんな成長を感じたかなと思い返せる。紙面が埋まっていくのが快感。もっと子どもたちを巻き込んで作っていけたらと思うけど、ギリギリの日程で深夜に作っていたらそれも叶わない。

生活も子育ても仕事ももっと計画的にやれるようになりたい! やるぞ!

2件のコメント

2号おめでとうございます〜〜♡
びっしり書かれた新聞、読みたい読みたい!
忙しい中でよく頑張りましたね!!!
私もかれこれ5年書いてます!
毎月毎月、「今月むりかも」とよぎるけど、よこすかメンバーからの励ましや、天野さんの印刷する写真や「ペンの神が舞い降りた」に背中を押されて、ここまで頑張ってこれました!
時間がたつと、宝物度が増しますよ!!
忙しいけど、だからこそ忘れていってしまうので、一緒に書き続けましょう!!!!

2号おめでとうございます!
そして、職場復帰もおつかれさまです。
新年度に復帰、バタバタする中でも
ペンを持つことで思い出が蘇る♫
すっごく分かります!
この時間がなければ、サラッと通り過ぎてしまった時間があるんだなって感じますよね。
創刊、2号。手に取って読みたいです!

コメントを残す

ABOUT US
荒尾真弓
産まれも育ちも愛知県岡崎市。福岡県出身の夫と、6歳と3歳の娘を育てています。4月に約6年半の長〜い育休から復帰予定のため、今は怖いような楽しみなような。