幻想的世界「ブレードランナー2049」

1982年度作品「ブレードランナー」の続編
前作は人造人間レプリカントが謀反を起こし
レプリカント捜査官ブレードランナーの
デッカード(ハリソン・フォード)が
彼らを追うと言う話

今年は2017年だが
この前作の
時代設定が2019年というのは驚き!
まだまだそういう未来には程遠い?
いや相当近づいているか

今回はその「ブレードランナー」の続編だ
タイトル通り2049年の近未来

今回は新しいブレードランナーの捜査官「K」が
(「ラ・ラ・ランドのライアン・ゴズリング)
以前の捜査官デッカード(ハリソン・フォード)を
探す任務を任される
前作でデッカードは美しきレプリカントと共に
逃亡してしまい 終わっているが

今回 どうやら彼女との間に
子どもができたことが判明する

ええ!ありえないでしょ?
人造人間と人間の子の間に子どもが・・・

人間たちは人間とレプリカントの間に出来た子を恐れ
「k」にその子を探し殺すことを命ずるのだが

全編近未来の不思議な幻想的な映像が流れ
まるで芸術作品を観ているような気分だった

約160分に及ぶ長編だが スクリーンに
引き込まれた

しかしこの作品は万人向きではないかも

しかし観るなら絶対映画館での鑑賞をお勧めする
あと 前作を観てからの方がより楽しめるかも

以下はこの映画の公式サイトです
ブレードランナー2049

ABOUTこの記事をかいた人

尾形智子

息子2人成人して子育てちょっと ひと段落・・・と言いたいところですが いつまでたっても子どもは子ども 心配はつきません 映画や特撮 怪獣 イケメンが大好きです プロフィール写真は東京日比谷シャンテに展示されていた シン ゴジラの巨大模型です。ゴジラ大好きです!!