フランスの本と美味しい珈琲でひと息ついて「Nautilus(ノティリュス)」

福岡市中央区六本松にあるブックカフェ「Nautilus(ノティリュス)」は、
フランスに関連する500冊の本と本格珈琲を楽しめるお店。

本が大好きで、フランスに住んでいたころから
いつか自分の本屋さんをOPENしようと思っていたという、
フランス人の店主ジャンマリー・プルドンさんが、2020年8月福岡市にOPEN。

『おばけのバーバパパ』や『星の王子さま』などよく知っている本もあるかと思えば、
見たこともない、でも読んでみたくなる面白そうな本がたくさん。

フランス文学、児童文学、歴史、文化、料理などなど、
フランスの本に親しんでほしいと厳選された本が並んでいます。

日本語も堪能で、丁寧に教えてくれます。

珈琲もハニー珈琲で修業をつんだそう。

「誰にでも可能性はあるということを知ってもらいたい」と、
店内には、フランス作家の子どもの頃の写真が飾られています。

フランス好き、本好き、珈琲好きにはたまらないお店。
そうじゃない方でも、好きになっちゃうお店です。

場所はこちら

隠れ家っぽくて、ワクワク。
ほかのお店も面白そう!!

ぜひ店主プルドンさんとのおしゃべりも楽しみに訪れてみてくださいね。

場所
福岡市中央区谷1−14−2
裏・六本松2F
090-3735-8372
営業時間
月 12:00-19:00
火ー土 10:00-19:00
日曜休み

詳細は
HP:フランス語と日本語が繋がる場所「フランス語専門ブックカフェ Natilus」
FB:ブックカフェNautilus
IG「libr_nautilus」

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪