わたし版3月号に今の思いをぶつけました(岡崎Oka’n the Kids版)

折々おしゃべり会を中止したことで、
つい書くのが遅くなってしまった、3月号のわたし版。

毎日もやもやしてるんです。

見たくないけど、つい見てしまう、ネットやテレビの情報。
3月も中旬にさしかかり、
子どもたちの一斉休校もすでに1週間が経つものの、
まったくもって先が見えない。

休校にしているのに、大人たちは今までとほとんど変わらない生活をしていて、
こんなことしてて本当に収束するのか、
その間にも、子どもたちはたくさんの我慢を強いられていて、
それを受けとめる親や保育者、支援者たちも少しずつ疲れてきていて。

世の中が、疲れている。

だけど、だからこそ、私は普通の生活をする。
いきなり出来た、二人の子どもたちとのべったりの時間。
その中から見える、子どもたちの成長。

そして、この一週間でめまぐるしく変化した社会。
専業主婦ゆえに、世間のバタバタにあまり巻き込まれていないからこそ感じる、ある種の違和感。

大人たち、すごくバタバタしてるけど、いら立ってるけど、
子どもたちは意外に楽しそうかもよ?

少なくとも我が家の二人は、楽しそう。
長男は、学校に縛られることない自由な時間を謳歌しているし、
次男は、大好きなお兄ちゃんが常に家にいるのでうれしそう。

私は、毎日3食作って、おやつも出して、
ケンカの仲裁したり、すぐに泣く次男をヨシヨシしたり、それはそれで忙しいけれど。

わたし版3月号、下にリンクを貼りました。
まだ配布開始していないけど、
よかったらみなさん読んでください。
↓ ↓ ↓
岡崎Oka’n the Kids版202003月号

ABOUTこの記事をかいた人

天野智子

小学3年生と2歳の男の子の、2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。