お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

「福岡県うきは市」でお母さんのつながりがゆるやかにスタートしました!

9月4日、福岡県「うきは市」で折々おしゃべり会がスタートしました。

会場はサンピットバリュー浮羽店の2階にあるキッズスペース。
地域のためにと様々な取り組みをされているスーパーで、
絵本の読み聞かせも毎月開催されています。

昨日も折々おしゃべり会の前に読み聞かせが行われていました♪

初開催でどのくらい来てくださるのかわからずドキドキで到着しましたが、
うきはでやりたい!と手をあげてくれたお母さん大学生:飯田史(いいだちか)さんのつながりで、
何がはじまるのかワケがわからないまま、15名もの方が来てくださいました。

・群馬、鹿児島、奈良、東京、大阪、いろんな地域から引っ越してきてつながりが欲しかったこと。
・子育てサークルを運営しているけれど、なかなか人が集まらずにいること
・うきはには産婦人科がなく、隣町の田主丸まで20分かけてみんな通っているコト。
・やりたいことがあるけれど、なかなか今の環境では厳しいと感じているコト。

それぞれに日々感じている事を話してくださいました。

帰ろう~とひとまず終わった後も、
ラインを交換したり、話が終わらない光景がチラホラ。

参加したお母さんより。
今日は貴重な体験が出来ました。
たくさんの方と、繋がり点と点が繋がっていき大きな縁になっていくイメージです。
本当にありがとうございました。

とメッセージまでいただきました。

ワケもわからずに来てくださった皆様、本当にありがとうございました!!

これからも毎月、第一月曜日に開催。

あたたかいお母さんたちのつながりが福岡県浮羽市でゆるやかにスタートしました。

お近くの方、ぜひ、ゆるっと来てみてくださいね♪

1件のコメント

コメントを残す

ABOUT US

池田彩お母さん大学福岡支局長
お母さん大学福岡支局長/旧 お母さん業界新聞ちっご版編集長。長女が1歳の頃にお母さん大学に出会いマザージャーナリストに。ペンを持ったことで視点が変化し、「お母さんになれてよかった!」と心から感じる。久留米で活動をスタートして13年。現在は、久留米市合川町の「松葉荘」で居場所づくりをしながら、九州中のお母さんにお母さん業界新聞を届けようと奮闘中。3児(中3、小6、小2)の母/MJプロ/みそまるマスター/みそソムリエ