子どもは、自然に一番近いところにいる

1歳半の孫を連れて山梨県にある畑にいった。

大豆の芽と孫が、なにやら話をしている。

一日、ママと離れて、私と小旅行!

泣くかなぁと思ったら、

畑に着くなり、自然の中で遊ぶ、駆ける。

小さな子は、自然そのものなのだと思えた。

目の前にある雄大な大自然に守られているから、安心なのか。

                         ☆  ☆  ☆

また、小さな命が奪われてしまった。

わずか5歳で、小さな人は、ペンを持ち、「おねがい、ゆるして」と。

子どもは、自然そのもの。

人間は、人間が生きる自然も破壊するのか。

せめて、お母さんの心を守る世の中になってほしい。

いや、世の中にしたい。

わが子のために、わが孫のために…。