MJプロ養成講座は、イジメの講座ではありません!!

先週、MJプロ養成講座を開催した。
今回は4名の受講。

前回の講座は、30名の大所帯、
私にとっては、3日間、27時間のマラソンのような講義だった。

が、今回はのんびり、一人ひとりの顔もじっくり見れて、
ほとんどマンツーマンに近い講義だった。

その中の一人、富士山のふもとから参加してくれた藤川さん。
辛いのか、痛いのか、悲しいのか、うれしいのか、ずーっと泣いている。

子どもたちと離れて寂しくてないているのか?
もっともっと、フツーのお母さんになろう!と、言っただけなのに。

ならないと、おしりぺんぺするよと、
キツイこと言ったかなぁ。(言ったかも)

でも、涙もおっぱいも、出れば出るだけ気持ちいい。

富士山の前で迷子になって泣いていたかもしれないけど、
あんなに泣けるっていいなぁと、ちょっとうらやましかった。

私も、思いっきりおっぱいあげたい、泣きたい。
でも、枯れちゃって…。(トホホ)

よし、MJプロ養成講座は、泣いてナンボの講座にするか!!

池田彩さんの話に涙して、
私のおしりペンペンに涙して
とにかく、泣く講座ということで、次回の募集をしよう!

その藤川さんだけど、
MJプロ養成講座を受講できたのは、
子どもたちを、一日中めんどう見てくれた
田村家のかわいい姉妹、カンナちゃんとサワちゃんのおかげです。

でも、お姉ちゃんたちも、
かわいい弟たちのめんどうを見て改めて、
「子育ては大変だぁ!」「お母さんはスゴイ!」と感じたはず。

たぶん、MJプロ養成講座より、こっちのほうが価値あるかも。

MJプロ講座裏話 その2

MJプロ養成講座について

3 件のコメント

  • 藤本さん
    記事にして頂いてありがとうございます。
    冒頭に私の不細工な顔写真が載っていて驚きました。
    藤本さん、池田さん、植地さん…皆さんの温かさに触れて、とても感動しました。
    コロナ禍の閉塞感漂う世の中で、少しでも子育てがしやすい世の中になるよう、私も何かできたらいいなと思っています^_^

  • 昔からの考え、令和の時代の考え、男女平等育児の推進、3歳児神話…
    育児の考えが目まぐるしく変わり、でも昔から自分の中に染み付いた考えもあって、お母さん像がよくわからなくなっていました。
    自分の中に染み付いた考えと、新しい考えに上手に折り合いをつけながら、自分らしく子育てしていければそれで良い、と言って頂いたような気がして安心できました。本当に、ありがとうございました^_^

  • コメントを残す