初めてのホンモノマイク

カラオケが趣味の父母は、これまでに数回、カラオケに娘を連れ出してきた。

極力音量下げて、娘の好きな曲を選んできたが、大泣きして時間より前に出たこともある。

半年ぶりぐらいだろうか?
いや1年ぶりかも。
家で最近は良く歌って踊っているので、そろそろ行けるか?と挑戦。

今回は初めて、おかあさんといっしょファミリーカラオケというのがついてる機種を指定。
だいすけお兄さんとたくみお姉さんの歌映像がたくさんのLIVEDAMstadiumという機種。

最初の1時間はこんな感じで(笑)。

そのうち寝そべる。

うちの娘は、初めてのこと、慣れないことにはとっても慎重。
自分がどうするべきか判断するためなのか、ものすごく観察をする。
まさかここでもそれをするとは~

でも何度も何度も、娘お気に入りの曲を熱唱する父母の楽しそうな姿に、マイクを触ってみては恥ずかしくて戻すようになった。

そして残り時間がわずかになってきて、♪にじのむこうに、他数曲を熱唱。超真剣。

帰りにはもっと歌いたかったのにとちょっと不服そうで。
また来ようね。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約5年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長。年長の娘&2019年11月生まれ息子2人の母。たまにお母さん大学本部公認“企画担当”します! 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師/和みのヨーガインストラクターです。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!昔からある簡単お手当でお母さんゆるみましょー *アメブロもやってます!*https://ameblo.jp/sattsun2525/