大切な相棒

娘が、なんとなくボヤ~っと目が見えてきたであろう頃から

大切にしている、このぬいぐるみ。

名前は『おしゃる』(母、命名)

 

おとといから、行方不明に…

 

その日の行動を洗いざらい思い出して、

行った所に問い合わせの電話を掛けて、

家の中も、周りも、

遊びに行った実家も捜索してもらって…

 

ない。どこにもない。

 

夜、ねんねの時には必ずこのおしゃるを握って

お耳をチュッチュしながら眠る娘。

 

無いことに気付かれないために、

名前は一切口に出さず。

でも、夜になって眠たくなると娘は探してる…。

 

その姿が切なくて、早く見つかれと

夫と二人、家の中を探す。

 

随分と前に私が買ったぬいぐるみ。

思えば、結婚もしていない頃、一目惚れで買ったもの。

それがこんなに大切なものになるとは…

 

何とか眠りについた娘を横に、

親はソワソワ眠れない。

 

もしかして、娘が見つけてくれるんじゃないかと思いながら…

 

ちょっとの用事を済ませに、

娘をおんぶして、散らかしたオモチャに手を伸ばしたその時‼

 

なんと、毎日3、4回使う

娘のリクライニングチェアの後ろで突っ伏していた(゜ロ゜)

 

『あったぁぁ!あったよおしゃるぅ!』

と、叫ぶと、

背中にいる娘もケラケラ笑う。

すぐに渡してやると、

 

しーん。

 

いつも通り、

しっぽをチュッチュ。

お耳をチュッチュ。

黙ってしまったのでした。

安心したね。

 

はぁ、良かったぁ。

と、何度も言ってしまう。

 

それからずっと、抱っこして、トントンして、

近くに置いて遊んでいました。

DSC_0195

 

しかし、こんなにも心を痛めて

なくし物を探したことがあっただろうか。

 

自分のものなら、結構あっさり諦めてしまうのに。

母になって、娘にとっての大事なものは

私にとっても大事なもの。

 

そして、もしかして、

娘にとって“おしゃる”は、友達で、

おしゃるが『相棒』なのは

母なのかもしれない。

 

明日も一緒に、この子を見守ってね、相棒。

ABOUTこの記事をかいた人

◇MJプロ ◇神奈川県横須賀市在住 ◇1人娘のお母さん ◇わたし版「pokke版」 ◇夫は10歳年上 ◇放課後児童支援員 ◇『お母さんのことはお母さんに聞こう』が私のお母さん大学キャッチフレーズ ◇「母時間ラジオ」パーソナリティ