ペーパードライバーお母さん、腹を括る。

私は、筋金入りのペーパードライバーです。

大学4年の時に免許を取りましたが、
車の必要ない地域にしか住んだことがなかったため、
免許証は『身分証明書』となっていました。

がしかし、7年前に岡崎市に転居。
筋金入りのペーパードライバーが、
『筋金入りの車社会』な街に住むことになってしまいました。

我が家の最寄バス停。
今はこれより本数が減ってます。かろうじて1時間に1本保ってる感じ。

バスに乗ったからといって、行きたいところに行けるわけではありません。
車社会の街の作りになっているため、
基本的に施設や店は「車で行きやすい」ところに作られています。
ゆえに、車に乗れない私は、
自力で行ける場所がほとんどありません。

岡崎は、駅前がまったく栄えておらず、
公共施設も駅前にはありません。
支援センターも車で行くには便利なところにありますが、車じゃないと行きにくいです。
長男が2歳くらいの頃は、ベビーカーに乗せて30分近く歩いて行ったものでした。

長男が2歳半の時に電動自転車を買い、
行動範囲は広がりましたが、
それでも、雨の日とか、遠いところとかは行けません。

ちなみに、長男の月イチ皮膚科通院も、
車なら15分のところを、バス乗り継ぎで1時間かけて通っています。

そして、次男が生まれ、2人の子持ちになり、
ますます身動きがとりづらくなりました。
夏休みは、あの酷暑の中2人連れて外出するのは不可能だったので、
平日は完全に引きこもりになりました。
バス停まで歩いて5分、屋根もなく、
あの暑さの中でバスを待つのは、さすがに無理でした。
しかも、バスに乗ったからといって、すんなり目的地に行くことはできない。
小学生と未就学児の子どもを同時に屋内で遊ばせられる施設は、岡崎にはないので、
(そもそも児童館がない)
近隣の市まで行かないといけないからです。
他のお母さんたちは、みんな車に乗れるので、
車で近隣の市に行っています。

近隣の市は、駅前に公共施設があったり、
コミュニティバスが走ってたりするのに、
岡崎はとことん『車社会の街づくり』になってることに、ほとほと嫌気がさし、
岡崎が大嫌いになったこともありました。
「高齢になって運転できなくなったらみんなどうやって生活するの?
どこに行くにも今は車使ってるけど、
免許返納したら病院とかどうやって通うつもり?
どうやって買い物するの?どうやって友達と会うの?
みんなそういうことちゃんと考えて生きてる?」
と街中に叫びたくなるほど。

・・・でも、そんなこと叫んだって、何も変わらない。

「岡崎で車なしでよく生きてるね」
と、何度言われたことか。

『運転できないから行けません』
岡崎に来て6年あまり、そんな言葉を何千回何万回と言ってきました。

こんな生活があまりにも嫌で、
でも私は、ここから引っ越すことは一生できない身なので、
「だったら、都会に別宅構えようか」とか、
「いっそのこと夫と別居しようか」とか、
現実的でないことを本気で考えたりしてました。

そんなこんなで6年。
そして年越し、2020年。

1月3日、突然、降ってきました。

「運転、練習する」

昨年、お母さん大学の活動を岡崎で始めて、
車が運転できない不便さをあらためて痛感していました。
岡崎、というか、愛知県自体が車社会。
私は愛知県中にお母さん業界新聞を広めたい、けど、運転できないと、広げるにも限界がある。

さあ、どうする。諦めるのか?
いや、諦めたくはない。
せっかくここまでやってきたのに、ここ止まりなんて悲しすぎるし、イヤだ。
もっとたくさんの人に知ってもらいたい。

「運転、がんばる」
それを聞いた夫はびっくりしていましたが、
「いいよ、がんばれ」と、車庫のシャッターを開けてくれました。

とりあえず、道をよく知っている近所をぐるっと1周。
それを3日連続で練習しました。

3日連続で運転したのは、人生初です。
1日目は、サイドブレーキを解除し忘れ、途中でエラーが出て気づき、
2日目は、サイドミラーを閉じたまま運転し、これまた途中で気づき、
3日目は、ミスはなかったものの、交差点でなかなか曲がれず、後ろに車に付かれてめちゃめちゃ焦り、

スイスイ走れるようになるのはまだまだ当分先ですが、
それでも、
『運転席に座ると魂が抜けそうになるくらい怖い』
という状態は脱したので、
かなり進歩です。

あれだけ頑なに乗るのを拒んできましたが、
3日連続乗ってみて、
なんか未来は明るい気がしてきました。
「別宅」とか「別居」とか、そんな考えはだいぶ薄れました(笑)

『運転できないから行けません』
その言葉も、今年中には卒業できるかな。

2020年の幕開けに、お母さん大学の活動をきっかけに、腹を括ったというお話でした。

お母さんも夢を見よう!
私の夢は「運転して好きなところに行く!」です!

ABOUTこの記事をかいた人

天野智子

小学3年生と2歳の男の子の、2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。