お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

初めての火遊び

お寺の子ども会にて初めての火遊び。

当日子ども達は薪を集めにまずは山の中へ。どの枯れ葉が火がつきやすいか、お兄さんお姉さんに教えてもらって、自分達で沢山集める。これが中々重労働。

その枯れ葉や枝を集めて、いよいよ火起こし。父と母も見よう見まね。

今回はマッチで火をつけました。マッチを使わないで人力で起こす回もあるそうです。

ここは子ども達が主役。マッチの箱も子どもに手渡してくれました。

長男の方手にはマッチの箱が

長男「僕がつけていい?」と

父母「…いいよ。」

といいつつ。大丈夫かな?

長男の持ったマッチ箱と握られた一本のマッチを見つめる父と母。。。

シュ。シュ。つかない。

シュ。シュ。つかない。つかないかな?

シュ。シュ。ついた!!!!!!

「こっちに入れて」薪に入れるとシューと消えてしまい、

長男「もう1回していい」

シュ。シュ。火がついた!薪に入れ火が燃えだした。

その後も火が消えないように、薪の入れ方を習う。火が燃え出すと少し興味を失う息子。

火が大きくなり、皆でマシュマロを焼いて食べました。

長女「マシュマロ黒くなるね。」
長男「マシュマロ美味しいね。」とご満悦。

マシュマロ食べて、お兄ちゃん達と遊んで最後の片付けも終わり、帰るよーって時までずーーっと、

長男の片手にはマッチの箱が握られてました。いつ離すかな?と火をつけた後ずっと見てたけど、初めて火をつけた戦友だったようで、マッチを返すのは寂しそうな長男。

「また、しようね」と声かけてもらい、納得してお別れできました。

初めての火遊んびは、親はハラハラで写真を撮れず、撮って頂いていた写真我最高の思い出となりました。

その後家でも積み木を使って自主練

「お母さんマシュマロ焼いて一緒に食べよー」と誘ってくれました。

2件のコメント

ばじめての火遊び!
はるま君のドキドキとワクワクが伝わってくるようでした♬

帰ってからの積み木の焚火もさすが!!
私も誘ってくれるかな??

やりたいお店、マシュマロ屋さんが追加されるかもしれませんね。

コメントを残す

ABOUT US
縄司真衣
初めまして。久留米市在住です。 元気な息子5歳と2歳の娘のお母さんをしてます。