お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

うめちゃん、長い間、ありがとう!

うめちゃんが、今日、空に旅立った。

うめちゃんは、12年前、次女智子と暮らしていたパピヨン。

当時、ひとり暮らしをしていた娘の愛犬(相棒)だった。

娘が体調を壊し、家に戻って来てから、

トランタン(事務所)で、一緒に暮らしている。

もう、8年も一緒!

人が来ても、ワンワンと吠えないので、番犬にもならない。

反対に、人が帰ろうとすると、ワンワン吠え、帰らないでと言う。

外から娘や私が帰ってくると、喜ぶ、喜ぶ。

ごはんをつくり始めると、

私のごはん、まだ?と、そばに来る。

食いしん坊のうめちゃん。

味噌汁が大好き。

散歩に行くと、歩かない。

私がお風呂に入ると、外で待っている。

さみしがり屋で、ひとりにするとドアをカリカリ文句をいう。

なんか、犬らしくない犬だった。

犬の12歳だから、もう相当おばあちゃんだけど、外見は若い!(ずるい)

昨夜、動悸が激しくなって、不安な一夜を過ごした。

朝一で、かかりつけの医者へ。

病院に着くと同時くらいに、心臓が止まった。

病院では、心臓マッサージをしていただいたけれど、ダメだった。

苦しまなくてよかったですよと、先生。

確かに、娘の腕の中で死んでいったうめちゃんは、幸せだったかも。

うめちゃんが死んだ知らせを聞いて、金子さんや孫たちみんなが集まってきた。

娘がいて、みんなが集まれる日を、うめちゃんは選んだのだろうか。

死んでも、さみしがり屋のうめちゃん。

ペットといっても、一緒に暮らしていたら家族。

寂しい。

食いしん坊のうめちゃん。

もっとお肉を食べさせてあげたら良かった、

大好きなパンをもっとあげれば良かった。

散歩が嫌いだけど、もっと一緒に散歩すれば良かった。

後悔ばかりだけど、

うめちゃん、一緒に暮らしてくれて、ありがとう!

平成30年8月24日9時05分永眠

コメントを残す