第1話〜ミソデレラ、アミソ舞踏会へ行く…!?〜

新米ミソガールのアミソ。

ミソガールとして味噌の素晴らしさを伝えるために自分自身も365日味噌活をはじめました。

毎日、味噌のお城でお味噌汁をつくってミソババ様に振る舞う日々。

ミソババ様には

『なんかまだ野菜が煮えてないわね、かたいわよ』

『これでよく料理できますなんて言えたわね』←アミソ的には好きですと言ったつもりだった(笑)

と言われる日々…(笑)

だって…だしからお味噌汁をつくったことなんてなかったんだもの…はやくわたしもお城から出たい…

とおもっていたとき、

舞踏会(郡司味噌さんへの取材)

のお話が耳に入りました。

『えっ!わたしも行きたい…!』

そうおもってドレスを探すも、

あるのはいつものミニ丈の着物だけ。

これもすっごく可愛いんだけど

これで電車に乗るのは大変だ…(取材は基本電車移動)

ミソババ様『アミソはおとなしく家でだしからお味噌汁つくってなさい』

えっぐ、えっぐ、私も舞踏会に行きたいよーっ!!

と泣いていると

『アミソ…あなたに涙は似合わないわよ。泣いたぶんだけお味噌で良質な塩分をとりなさい。』

こんな声がどこからか聞こえてきました。

 

アミソがびっくりして後ろを振り向くと

えっ!!伝説の味噌の妖精…!!?

フェアリーゴッドミソマザーがそっと佇んでいました。

両手には『魔法の杖』ならぬ

魔法の『米麹』と『麦麹』

まずは麹のことから愛してあげなさい。

そう言ってフェアリーゴッドミソマザーは魔法の麹をそっとアミソにふりかけました。

するとみるみるうちにアミソのまわりに麹の光がたちのぼり、

気がつけばこの姿に。

えっ!!私服に近いワンピース風ドレス…!これで電車に乗れる!舞踏会(郡司味噌さん)に行ける!

とアミソが舞い上がっていると、

ちょっと待ちなさい。これで電車に乗ってもまあいいけど、

頭のおわんをどうしようかねえ…

と言いながらフェアリーゴッドミソマザーがえいっ!と魔法の麹をひとふりすると。

頭の上のおわんはベレー帽に大変身!

アミソのことが心配だから、ちいさなみそまるくんも頭の上にのせておいたよ。

ありがとう!フェアリーゴッドミソマザー!!!!!

そうして無事に舞踏会に行こうとするとそれを見たミソババ様が、

『行ってもいいけどアイロンがけしてから行きなさい!』

こうして無事に電車にも乗れて、

ミソガールとして初めての取材へ行けたのでした(*^^*)

ミソデレラ、アミソの味噌の勉強はまだまだ続く…

ではではまた(*^o^*)

アミソ♬

ABOUTこの記事をかいた人

野口愛美

こんにちは(*^_^*) 野口愛美(のぐちあみ)です! 将来素敵なお母さんになるため修業中の新米ミソガールです♬ 味噌の良さを身をもって実証して広めるために365日味噌活宣言はじめました(`_´)ゞ ブログでも日々その様子をお伝えしていこうと思っています♬ よろしくお願いいたします(*´ω`*)