お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

夜な夜なプロジェクト会議のまかないメニュー

朝目が覚めて、もう、横浜の朝じゃないんだなと思うと、

昨日の朝が懐かしい。1日しか経ってないのに。

すごく、ハードな会議で、ずーっと缶詰状態だったけど、

青柳さんや味噌ガールの智子さんの作ってくださった

心のこもったまかないがとっても美味しくて元気の素になりました。

初日の昼ごはん  智子さん特製おにぎり(梅干し、じゃこ、なっぱ)、青柳さん特製おでん

夜ご飯   青柳さん特製カレーとサラダ

2日目朝ごはん  スクランブルエッグとウインナーのサンドパンとサラダ 智子さん特製お味噌汁

昼ごはん  青柳さん特製うどん

前の晩から仕込んであったメニューはどれもコクがあって優しいお味。

でも、青柳さんの手は荒れてて、とっても痛そうでした。

それでも、私たちのためにたくさんのお料理を作ってくださりありがとうございます。

同じ思いの仲間と同じ釜の飯を食べるってほんとに幸せな時間でした。

 

 

8件のコメント

高木さん
2日間お疲れさまでした。
昨日は忘れ物したせいで
帰りにご案内出来なくてごめんなさい。
想像した以上に濃い合宿になりましたよね。
それに、お母さん大学家族で囲む食卓は
高木さんの言うように幸せな時間でした。
これがあるから、頑張れる(?)
このあとの怒濤の日々も楽しみながら
よろしくお願いします。

高木さん

2日間、お疲れ様でした。

記事のタイトルは、会議のまかないメニューとは、うまいね。

さすが、編集長。

今回の合宿で、高木さんが一番、心に残っているということね(笑)

高木さん、お疲れさまでした。
イロイロありましたが・・・(^^;)
青柳母さんの気持ちがいっぱい詰まっていて、美味しかったですね~!
高木さんのスマホ忘れから始まる、思いがけない発言集も最高でした!(笑)

真美さん、2日間、お疲れ様でした。

自分でも、スマホを忘れるなんて衝撃的でした。( ̄▽ ̄;)

思いがけない発言って、
高知県の補助金担当の方に
「お母さん大学は、家庭がキャンパスで、先生が子どもの大学です。
なので、お母さん大学のイベントでは、子どもに講師料を出したいのですか、補助金を使っても大丈夫でしょうか?」と聞いた話ですか。

私のなかでは、大丈夫じゃないかなと思ってしまったんですよね。
(^-^;

コメントを残す

ABOUT US
高木真由美
社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし4年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。