22年前に植樹された桜の木

22年前、高知に越してきてすみ始めた宿舎の庭には、桜の木があります。

越してきたときは、まだ、人の背丈ほどの苗木でした。

毎年、毎年、花を咲かせて、私たちを喜ばせてくれました。

娘や息子が、小学校に入学するときも、中学高校に入学するときも、そして、大学生になり、独り暮らしをするために荷物を運び出すときも、いつも、桜が咲いていました。

そして、今年は、主人と私のお引っ越し。

また、桜は咲き始め、見送ってくれてます。

ずいぶん、大きくなった桜の木を見てるといろんな思い出がわいてきて、ちょっぴり涙が出てしまいました。

ABOUTこの記事をかいた人

社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし4年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。