たぶん2時間。

今日は大きな公園で、タイのお正月を祝う水掛祭りが行われていた。

大人も子どもも、みんな水を掛け合ってお祝い。

 

息子もとっても楽しそう!

…に見える。いや、この時はとっても楽しく水を掛け合って走り回っていたのだ。

こうなるまで、(母の体内時計によると…)たぶん2時間かかった。

楽しそうに水掛け合う子どもたちを近くからじーっと観察。

何をするわけでもなく、立ってただみていた。

そして、水をかけられてキャーーだと楽しそうに逃げている子を見て笑顔が見え始めて…

でも、まだつったっているだけ。

息子に水をかけてくれる女子が現れ、やっと走って楽しそうに逃げ回った。

走り回っている時に落ちている水鉄砲をみつけ、それを手にして近くの子に水をかけてみる。そして、おいかけっこ。

こうなるまでにたぶん2時間。

 

母にとっては、本当に長い長い時間だった。

でも、息子には必要な時間。

 

たぶん2時間。

 

2 件のコメント

  • わかるな~慎重派の子どもは長い時間様子見が必要なのよ。
    男の子には先頭切って・・・という母の願いが裏切られる思いをもう乗り越えられたな~と思いました。
    先頭切っていくタイプはリーダーのイメージだもんね。
    でもね、そうとばかりは言えないこともあるのよね。
    がむしゃらの何も考えずで失敗する子もその中にはいるわけで、そんな様子をじっと観察して自分の出番を考える子。
    それは人の失敗から学んでいることにもなるってことでね、大人になるまでに学んでいく要素だってあるってこと。

    • この一部始終を少し遠くからみていて、私の中にある“もっと勢いよく遊んだらいいのに”という思いと私が葛藤していました。笑
      たぶん、息子にはそんな葛藤はないんだろうな…と思いつつ、そんな私に笑ってしまいました。

      みっこさんからコメントいただいて、観察することでも学んでいるということ、なるほどなと思いました。
      自分で実際にしていなくても、お友達のしている事を観察して学んでいるんですね。
      ただつったっていただけに見えた息子。息子にも息子なりの学び方があったのかと、少しほっとしました☺︎

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    2013年の夏、お豆のような小さくてかわいい男の子の母となりました。 ✰***わたしの夢*****✰ トランペットを一生楽しむ! 毎年佐賀バルーンフェスタのボランティアをする! 自分の家で季節の習い事教室を開く! フルムーンチケットで夫婦旅をする!