親子でできるCO2削減

一昨日は、暴風雪・波浪警報が出て、子どもたちは臨時休校となりました。
最近は新学期が始まってすぐ、気象関係で警報が出て休みになることが多いです。
心配ごとはコロナだけではないですね。

昨日は、警報は出なかったものの低温注意報が出たり、雪も降ったりしました。
家の中も、エアコンくらいの暖房では耐えられないくらい。

ニュースでは電気の使用量も急増してると言われていました。
寒いから昨日は早く寝ることに。

お風呂に入る時は寒すぎて、お湯シャワーを壁にかけてから入ったけど、その分早く寝て、CO2排出量を減らします。
社会のために、早く寝るのです。
早く寝ることが社会の役に立つなんて、状況変われば価値観も変わります。

私達子育て世代には、子どもという自然の暖房がある!
最近は1人寝してるけど、寒い夜は子どもの布団にもぐり込みます!
子どもと寝たら、布団に入った途端ぬくぬく~。

 

2 件のコメント

  • 戸﨑さん

    今日はお疲れ様でした。
    皆さまの溢れんばかりの母歴自己PRにただただ圧倒されっぱなしでした。
    その中でも、 戸﨑さんの野望が凄い!投稿楽しみにしています。
    本日の投稿は、子育ての未来予測ですね。
    MJプロの出番ですね。

    湯たんぽチルドレン今はなし…のわが家です。

    • 田端さん

      先日はお疲れさまでした。
      いつも本音を言うわけじゃないんですけどね、お母さん大学の母歴書があまりにも楽しくて、つい本当に思ってることが出ちゃいました。
      夢を言ったらバカにされるかもと思って言えなかったのもあるのかも。お母さん大学での出会いが、これ言ってもいいかも!と思わせてくれました。

      ちょうど2020年のCO2排出量をアンケートで調べていたので、こういう視点になりました~。
      湯たんぽチルドレンっていうんですね。
      今はなしでも、何人も湯たんぽチルドレンがいらっしゃってうらやましい~。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    戸﨑朋子

    7歳(小1)と3歳の女の子がいます。 子どもが生まれて、今までに感じた事のない気持ちやを感じて幸せだったり、ダメな自分を突き付けられる思いがしたり。 何があろうと思うのは、子どもが生まれて良かった。 色んな思いを綴れたらと思っています。