お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

虫の音楽会

日も沈んだ夕方、1年生長男と出かけた時のこと。

 

この地に引っ越してくるまで、

街なかにしか住んだことのなかった私。

 

「ここの暗さと静かさは慣れないなあ。

電車の音も車の音もなんにも聞こえない」

 

と言うと、長男が、

 

「でも、虫の音楽会は聴こえるよ」

 

確かに、チンチロリンとかリリリとか、聴こえる。

ぜんぜん気づかなかった。

長男の言葉にきゅーん。

2件のコメント

子どもの感性には、残念ながら、勝てません。
でも、わが子の言葉に、きゅーんの母も、素晴らしい。

素敵な時期をありがとう。

コメントを残す