おい、そこのおばさん!①

先日、子どもたちの歌のコンクールがあり、とあるホールの客席に座っていたときのこと。

カバンを床に直に置きたくなかったので、紙袋を敷いてその上にカバンを置いていました。

そこへ、私の隣の隣の席に座りたかったおばさんがやって来たので、床のカバンを膝に置いて、足を揃えて、ヒョイーーーーンという気持ちを込めて細くさせ、おばさんを通してあげようとしたら、

そのおばさん!

なぜだか、わざわざ、敷いていた紙袋を踏んで通って行った。

なんで?なんで?なんで?なんで?

あんたが踏んだら、これ、カバン置きにしている意味なくなるじゃんかっ!!

ほんとに。。。全く恐ろしい。

こんなおばさんにだけは、ならないように気を付けよう!

プンプンと思いながら暫くして横を見たら、なんと、そのおばさん!

子どもたちの歌声に感動して泣きよりました。

やれやれ。どうやら悪い人ではないらしい。

しゃあないな。(-∀-`; )

2 件のコメント

  • 笑えました。
    きっと、何かを未来のこと考えて歩いていたのでしょう。

    青柳曰く、私も、人の足を踏んでいるのに、気づかないようなことが

    多々あるそうです。

    お母さんを笑顔にすることを考えながら、誰かを泣かせている。

    ダメですね。

    そこのおばさん、他人に思えない。

    • あはははっ。いやいやそんな、他人に思えないだなんてっ!
      あはははっ。人の足踏んでるの気付かない(笑)
      踏まれてる方もおばさんなら、踏まれてることに気付かないかも?
      とか言っちゃってますけど、つぎの『おい、そこのおばさん②』では、自分のことを書くつもりでした(-∀-`; )

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    中村泰子

    10、7、4歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。