お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

母心はジェットコースター

私が朝起きると、まだ寝ている子どもたち。
寝顔を見てはたまらなく可愛くてキュンとなる。

・・・がしかし、
いざ起きてくると一気にハチャメチャ。

小2長男が朝の支度をする横で、
1歳次男が意味もなく走り回る。
オムツ替えも、保湿剤塗るのも、着替えさせるのも、まるで鬼ごっこか運動会か。

ご飯の時間は、これまたハチャメチャ。
遊び食べをするようになった次男は、
投げるわこぼすわ、お椀に手を入れてバチャバチャやるわ、片時も目を離せない。

そしてまた鬼ごっこか運動会。

かと思えば、外に行きたいと玄関の扉をバンバン叩くので、
仕方なく朝のサイクリング。
毎日数キロはあてもなく走る。
途中でショッピングモールに寄ろうものなら、
おもちゃ売り場で数時間は帰らない。

なんとか帰宅して、またご飯の時間がやってくる。
ご飯が終われば鬼ごっこか運動会。

電池が切れて昼寝しててくれる時間は、
唯一ゆっくり出来るひととき。
寝顔を見てはたまらなく可愛くて癒される。

そうこうしてるうちに長男が帰ってくる。
次男も起きる。
2人で遊び出す。
兄の持ってる物が欲しい弟は、無理やり奪ってケンカになる。
号泣、大騒ぎ。うるさい。

そしてご飯の時間。
・・・同じことの繰り返しなので以下略。

可愛い、うるさい、勘弁してくれ、可愛い、疲れる、勘弁してくれ、可愛い・・・

のエンドレスループ。

 

一日のあいだに、いろんな感情が湧いては繰り返す。
まるで、次々にコースが変わるジェットコースターのようだ。
一気に落ちて、ぐわーっと上がって、また落ちて、
くるくる回って逆さまにまでなったりして、
でも最後は、まっすぐになって、
スピードもゆっくりになって、何事も無かったかのように止まる。
子どもが寝たあとの、静かな部屋の中。

毎日ジェットコースター。
明日は木製か金属製か。

2件のコメント

遊園地に行かなくても、天野さんは、毎日、ジェットコースターに乗れるんだね。
ときには、観覧車にも乗りたいね。

そうやって、天野智子というひとりのお母さんがつくられていく。

わが子は、母をつくる偉大なるプロデューサーというわけね。

わが子を産むのは母だけど、親として育ててくれるのは、子ども!

母と子は、こうしてつながっているんだね。

もう、そんな日も遠くなった私には、

天野さんのようにジェットコースターに乗れません。

でも、乗った気分にさせてくれて、ありがとう!

今日もすさまじい絶叫ジェットコースターでした・・・
観覧車、夫が休みの日だと乗れたりします(笑)
次男の見事なやんちゃっぶりに、
冗談じゃなく、毎日息切れしながら生活してますが、
「しんどいけど、これも子育ての醍醐味かな」
と思えるようになったのは、お母さん大学のおかげです。
最近長男がよく慰めてくれるので、その成長っぷりにも感動して癒されてます。

コメントを残す

ABOUT US
天野智子
MJプロ/みそまるマスター/お母さん大学岡崎 代表/ 小学5年生と幼稚園年中の男の子2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 旧家の農家の跡継ぎ長男の妻として敷地内同居中。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。