お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

出逢って1年

1年前

次男を出産したわたしは、経産婦、経過が良好なこともあり、出産して3日で退院。

両親の負担や長男のこと、次男の通院があり、産後10日間で里帰りを切り上げ、自宅に帰ってきました。

旦那はまとまって育休取得は難しく、この日は大丈夫!という時に育休を飛び石で取得。

3歳になったばかりの長男をこども園に預けるために、朝、夕方の送り迎えまだまだ小さな次男を連れしていた。

誰かに頼りたかったけど、どうやって?どうしたら?わからないことばかり。

 

小さな次男を連れ、外へ行くと、

まだこんなに小さいのに。

可哀想に。

2人目はねぇ〜

車に乗せておくのは?

お母さんは、寝てないと後に響くよ!!

 

そんな声は心配して声をかけてくださっていたことが分かっていたけれど、マイナスに受け取っていたのも事実。(産後のホルモンのせい!!!)

そうですよねぇ。。と受け答えしながらも、一番思っていたのはわたし自身。

わかっているけれども、どうしようもないんだ!!と言い聞かせ、涙をポロポロ流していました。

 

1ヶ月健診を終え、先生に言われたのは、赤ちゃんと一緒に少しずつでいいから、外をお散歩してみてね。の言葉。

 

そんな時に高校の先輩である吉村さんに声をかけてもらい、お母さん大学の折々おしゃべり会へ参加しました。

 

1年前の折々おしゃべり会は暖かくていいお天気の日!

長男も無事に見送ったし、行ってみようかな

思い切って飛び込みました。

 

よく来たね〜!とみんなから迎えてもらい、緊張もしていたけれど、現状を話すと、わかる、わかる!と話を聞いてくれたお母さんたち。

久しぶりの会話がとっても嬉しかった。

帰りがけには、穏やかに娘ちゃんを見守っていた湯川さんがそっと「また来てくださいね!」と声を掛けてくれた。

もうそれだけで胸いっぱいに。

 

帰りに立ち寄ったお店では店員さんが、次男を眺めながら、

「私の息子は20歳で、すね毛も生えちゃったけど、それでも可愛い!

本人には言わないんだけどね!

赤ちゃんの時にもっといっぱい抱きしめておけばよかったー!と思って!

だから、今を楽しんでね!

可愛いこの時期に会えて嬉しい〜!

幸せな気持ちになったよ〜!」

と、声をかけてくださった。

 

あの時に声を掛けてくれたみんなの何気ない一言がうれしかった。

帰ってから頂いた新聞を読んで、じーん。。とした。

睡眠不足で、外に出る余裕も、飛び込む勇気もなかったけど、あー、行ってよかった。子育て頑張ろう!と思えた。

この季節を感じると、救われたあの時を思い出す。

あたたかい日差し、進級準備で制服に1つ1つ名前をつけていたあの頃。

1年前に次男を包んでいた、ブランケット。

この曲を聞くとあの時にタイムスリップする、あの気持ちと一緒。

出逢って1年。

これから毎年あの時の気持ちを別れと出逢いの季節に思い出すんだろうな。

12件のコメント

まさか私の言葉を覚えていてくれたなんて…(;ω;)
嬉しいなぁ!!
優しくて楽しくて思いやり溢れるちっぴーに
出会えてよかった〜!
そして1年前と今と
ちっぴーの表情が全然違う!!!
素敵!!

たくさん話すわけでもなくて、なんとなく近くにいてくれて、そっと声をかけてくれる、あの時のるりちゃんの優しさに、あ!わたしまたここに遊びに来ていいんだー!って思えたよ。忘れない!
るりちゃんが好きなのはあの日からはじまってる!!
変わったのはたくさん話せる仲になったこと!(勝手に思ってる!笑)

本当です、大きく広がりました^ ^
あの時の一歩がなかったら、全国のお母さんたちにも天野さんにも出逢えなかったです!
一年前のわたし!大丈夫!って言ってあげたいです。
お家で頑張って孤育てしているお母さんがホッとできる場所であり続けたいですよね。

ほんとあっという間の一年だったね!
小さかったいづくんが歩き始めて、豪快に滑り台も、頭からスルスル〜
一緒の時間を過ごすことができて嬉しい!
いつも支えてくれてありがとうー!
時にお姉ちゃんのような包容力で褒めて褒めて褒めちぎってくれたり、おっちょこちょいな所も妹のように思えたり?!笑
無邪気な笑顔が可愛くて好き!
ちーちゃんに出会えて良かった(^ ^)
これからも末永くよろしくねー!

泣けるし、笑える^ ^
ひろちゃんより年上だけど、しっかりしてる脇門さんにいつも助けられてるよ〜〜!!
ありがとう!
みて。この余裕のない引きつった笑顔の一年前!笑
今はみんなが一緒だからたくさん笑えてる〜!
どうしてあんなに悩んでいたんだろう。
まだ一年前なのに、もう一回やり直したいくらい楽しい育休だったなぁ!
こちらこそ。これからもずっとよろしくね!
はいはい、わかったから!って、突っ込んでね〜!
頼りにしてます笑

入学したのは6月なので、実際は1年未満だったりします。
植地さんの大丈夫のおまじない!本当でした!!!
1年後なんとかなってるじゃん、わたし。です笑
そうかー!1年前の私に聞こえたのかー!届いてたのかー!
迷ったときは未来に耳を傾けてみます。
でも難しいときは、植地さん、大丈夫って言ってください!って泣きつきにいくかもしれません!そのときはよろしくお願いします!!

ステキな記事。

ガルガル期は本当に、善意でかけてくれているであろう言葉が、悪意に受け取れる時期で、分かってはいるものの、でもそんな余裕がなくて…
読んでいて、ウンウンうなずきました。

これを読んでほっこりできて、パワーが充電されました。
ありがとうございます

そうか!あれはガルガル期だったのか!!
今思えば、声をかけてくださる皆さん、私や次男のことを思っての声かけでした。
私自身も思っていたからこそ、その声に葛藤したんだと思います。
田村さんのコメントでそう気づけるきっかけになりました。
共感してくださることも、嬉しかったです。
ありがとうございます

素敵な記事ー!!
いづるくん、ちっちゃいー!ちーちゃんも今と顔が違うー!!
充実した育休になってよかったね!
また新しい生活が始まるけど、頑張ってね!!
また会える日を楽しみにしてますー^ ^

コメントを残す

ABOUT US
岸千尋
https://www.okaasan.net/author/kishichihiro/ 小中高と横須賀で育ち、父の転勤で東京へ。縁あって横須賀に戻ってきました! 小1・年少早生まれ兄弟の母。MJプロ。 いつも息子たちを追っかけて、泣いて、笑って、忙しい毎日。 あっという間に過ぎ去っていく日々をペンを持って書いて行きます!