宝の地図

週も後半戦の本日早朝4時。
息子(1歳2ヶ月)がすっかり覚醒してしまい
眠い目をこすりつつ、寝かしつけで小一時間格闘する。
これは、ほぼ日常茶飯事。
とーちゃんも抱っこで応戦してくれて
ようやくまどろみ始めたかなという時、
膝に生温かい感触が・・・。久々のイヤな予感。
電気を点けるとベッドに見事な宝の地図が。

(美しくない画でゴメンナサイ)

あ゛~!大人用のベッドに!!
シーツ、昨晩洗ったばかりなのに~!
そしてもちろん、この騒動で再びバッチリ覚醒した上
なぜか上機嫌な我が家の暴君さま。

色々とショックは大きいけど
かーちゃんもとーちゃんも無性に笑えてくる。
そして、ふと思いついた。
「・・・よし、散歩に行くか!」

実は昨晩「感染対策をしながらどうやって息子に外遊びをさせるか」を話し合っていたばかり。
近所の公園はあまり広くない上、
昼間は大きい子たちでいっぱいで、まだ歩けない赤ちゃん連れには少々肩身が狭い。
チャンスは早朝くらいだが、夜泣きで寝不足の私と、
在宅ワークとはいえ連日残業の夫、
なかなかそんな元気がないよね、という結論だった。

しかし、今朝は宝の地図の衝撃で
全員くっきりお目覚め。
幸い梅雨の雨も午後からの予報だ。
時計の針はまだ5時だけど親子3人元気よく出発!
どんより曇り空に、お決まりのマスク姿だけど、心は晴れやか。
公園に着くと、やはり無人!!作戦成功!

いきなり[近隣の迷惑になるので午前7時まではブランコ使用禁止]
という看板に出迎えられて、都心の世知辛さを感じつつも、
初めてのすべり台や木馬で息子も大満足。
横浜から都内に引越してきて4ヶ月、思わぬタイミングでようやく公園デビューができた。

何より、最近は夫婦どちらかが家で子守をしているうちに、どちらかが買い出しへ、
というオペレーションが定着していたので、親子3人そろっての外出は久しぶり。

独り占めの公園をのんびり楽しんでも、まだ6時台の帰り道。
おいしいパンでもあれば満点だったけど
この街のパン屋さんは皆朝寝坊なので、
仕方なくコンビニのパンとコーヒーを買って帰宅。
でも、なんだか素敵な朝だった!

息子がシーツに描いた大きな宝の地図、
おめあての宝物は、親子3人のこの時間だったのかも。
(このあと、干したシーツを横目に全員寝不足の1日を過ごしました)

ABOUTこの記事をかいた人

杉本 蘭

京都出身、9年間の横浜暮らしを経て 現在は都内で子育て中の新米ママです。 趣味は読書、ボードゲーム、時々マンドリン(弦楽器)。 日々の子育てを発信しながら 皆さんと情報交換できたらと思います♪