国士無双

「『MJプロ』をネットで検索してみてください」。

グーグルでずらっと出てきたサイトは、プロ雀士ばかり。
私たちは、麻雀のプロを目指す!
…わけではない。

お母さん大学が新しく開講した「MJプロ養成講座」。
MJ=マザージャーナリスト。
私たちは今でもお母さん記者として発信しているのだが、
それの「プロ」を養成するという。
そしておそらくそれは、誰もが想像している「プロ」ではなく、
フツーを目指すもの。
これがどういう意味なのか。
気になる人は受講してみてほしい。

私は、というと、受講生としてはもちろん、
事務局サイドとしても参加させていただいた。
これはラッキーだった。
1日9時間×3日間。
みっちり聞いた藤本学長と青柳編集チーフ、そして専属デザイナーの金子さんの話は、
面白い。無限に出てくるエピソードの数々。

藤本さん、私脚本書きます!(書いたことないけど)
NHKの朝ドラになると思う。
あ!タイトル思い浮かんだ!(けどナイショ)
え?もう8割できた!
え?キャスティングもしちゃお。
藤本さん役は誰にしようかな。オーディションしないと…

話がそれました。失礼しました。

テキストが画面いっぱいに広がる中、受講している方の顔をなるべくたくさん見るようにした。
真剣にメモを取る人、首がもげるほど頷いている人、目頭を押さえている人、
満面の笑みでブレイクアウトルームから戻ってくる人。
とにかく、感じたのは、誰もが堂々とお母さんの笑顔のために考え、悩み、発表していた。
尊い時間だった。
お母さん大学生の母力の高さよ、隠れた能力の高さよ。
なんてスゴイ人たち。

あながちプロ雀士でも間違いではないのかも。
一人ひとり全く違う母歴があり、子どもに対してのいろいろなかたちの愛がある。

国士無双
①誰もがくらべるもののないほどすぐれた人物。
②マージャンの役の一つ。

(旺文社 国語辞典より引用)

うわ、役満キタ。

でも、とりあえずの使命は、パイではなくペンを持つこと。
「MJプロ」と検索したら、「お母さんはスゴイ!」と、このサイトが飛び込んでくるようにしないと。

ちなみに私は麻雀はできません。
植地家的にはこっちかな。

ABOUTこの記事をかいた人

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。