香りと こいと 私と

今の季節、どこからともなく、良い匂いがしてきます。キンモクセイは分かるんだけど、もう一つ!甘くて芳醇な香り。

よし!!!この匂いの主を探しに行こう!

 

と、小3次女と探検?スタート!

これやない??と、小さな花をクンクン。違う!こっちかも!と、今度は生まれたての新緑をクンクン。全然違う。あれか?と、バラをクンクン。ぎゃぁ!!ハチさんがいた!逃げろ〜(笑)(笑)(笑)

こーんな田舎なのに(笑)とーっても良い匂いがするんです。

あちこちの草花を嗅ぎながら、歩いていると、、、

ついに、その香りの主を突き止めましたーーー。こちらです↓

「アカメガシワ」というそうです!この時期に咲くお花で、とっても良い匂いがしているんです。

クンクンクンクン、親子で良い匂いだねーと夢中で嗅いでいたら、

ガサガサと音が!なんだ?と音がする方に顔をやると、、、。そこには、

右手に玉ねぎ、左手に5〜60センチはある生きた鯉を提げたおじいさんがいた!

想像して!右手に玉ねぎ、左手に生きた鯉を持ってるんだよ。

すごくない?

雨でどこからか流れてきたのか、溝にいた鯉を、素手で捕まえたそうな。

おじいさんが、向こうに行ってから、もう次女と大爆笑!

ちびまる子ちゃんのお話みたいやね。と大はしゃぎする私たち。しまいには、私「まる子!鯉がいたぞ」次女「もう、おじいちゃん、なんでそんなところに鯉なんかいるわけないじゃん」私「いやいや、ほんとじゃ!見てみー」次女「わー!本当だー。おじいちゃんすご~い」という即興ちびまる子ちゃん寸劇をして、大笑い!

今、VUCA時代を生きていくと言われているそうで、だいぶかなり、とーっても先行き不安なのですが、

※VUCAとは、経済や政治など、ありとあらゆるものが刻一刻と変化し(Volatility)、複雑なカオスと化している(Complexity)今の時代において、これまでの事例や知見が参考にならないような想定外の事象(Uncertainty)が次々と発生していることから、将来が予測困難な状態(Ambiguity)にあることを意味する言葉

そんな時代に

親子でアカメガシワをクンクン匂っていると、玉ねぎと鯉を持ったおじいさんが現れる。なんて、ヘンテコで愉快で、平和なことなんだ。大丈夫。これからも笑えることも沢山あるにちがいない。きっとそんなに、悪いことも起きないはずさ。

そう思えて、少し緊張が和らいだ2021年の5月

8 件のコメント

  • アカメガシワの香りが、画面から出てくる時代になるのかなぁ?

    でも、この記事から、中村親子の言葉から、私は、アカメガシワの香りがしましたよ。

    もしかすると、VUCA時代の主役は、お母さんかもよ。

    だって、子どものそばにいると、何が大事で、何が正しいか、わかるから。

    鯉こく、子どもの頃、食べていました。

    • 鯉こく!食べたことないなぁ。。。どんな味なんだろう。。

      そうなの。。毎日、コロナやら終わりの見えないマスク生活やら、自粛やら何やらで、我慢はできる程度の、もしくは、はっきりとは気付かない程度の、ストレスと絶望と、不安が積もっている気がしていました。

      でも、まだまだまだまだまだ!大丈夫。子どもたちと沢山笑いあえてるし、平和なことも起きている。そして、こんな時だから、自分たちが大切にしたいこともはっきりみえてきたように思います(^^)

  • タイトル、恋愛のこいかとドキドキしちゃいました。
    アイキャッチ画像もハート作ってるしっ。すごく惹かれる写真。キラキラしてて眩しい!!
    けど、いい香りの話から、おじいさんの画に頭を支配されてしました笑笑
    それでもトータルで秋月が素敵な場所だと再確認ですね。

    • アイキャッチの写真は、「子どもたちと朝日を見たい!」ということで、朝日が昇る時間に海に行った時のものです。朝日を集めて!と頼んだら、こうやってポーズしてくれました

    • わあおう。詩集読んだような気分とは!素敵な雰囲気出せてる気分がして、嬉しいです。と、思いきやの、さくらももこ劇場(笑)うふ。そうなの。好きなのー!さくらももこワールド✨特にコジコジの世界観。田舎と子どもたちが合わさると、コジコジの世界に少し似てくれる気がしています。

  • 初めて知りました。アカメガシワという木を。
    田舎では見たことなくて、関西に来て見かけるけどなんの木?でした。
    香りまでするなら嗅いでみたくなります。
    鯉は梅雨には田んぼまではいりこんでいたことを思い出しました。
    こちらでも川で泳いでいると見入ってしまいます。
    武雄には鯉料理に何度も行きました。懐かしさに浸りました。

    • へーー!田んぼに鯉??そんな光景も面白いです。今回見た鯉は、色鯉でした。4匹溝にいて、3匹は自然と流されてしまったそうで、その流されてしまった鯉でしょうか?しばらくしたら、川に色鯉が2匹泳いでいました。

      目の保養になると、近所の方たちも、見物に来ていました(^^)のどかな田舎時間に癒やされます。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    中村泰子

    12、9、6歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。