お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

「あの時」からの贈りもの①

「お母さんのところに生まれてきてくれてありがとう」

7歳の頃だったかな。お布団の上でそう息子に伝えると、
「お母さんを選んだんだよー!空から見てて、一番お母さんがいいなって思ったから」

こしょばゆいけど、そんなことを言ってくれた息子がもうすぐ10歳になる。

結婚して中東に移り住み、4年経ってやっと待望の赤ちゃんを授かり、妊娠に気づいたあの時、お腹がふくれ始めたあの時、切迫早産で緊急搬送され、絶対安静の入院をしたあの時、無事に生まれてくれて初めて顔を見て喜び泣いたあの時、初めて抱っこしてお乳をあげたあの時、そして生後6ヶ月になった息子を背中におぶって、アメリカ・テキサス州へ13時間かけて飛行機で飛んだあの時・・・。

数えきれないたくさんの「あの時」の点があってのいま、ここなんだ。

これは「あの時」のわたしからわたしへ、そして大切なキミへのメッセージ。

いまに追われていると、忘れそうになることもあるけど、わたしのなかのあの時をもう一回見つめて、見つけて、キミの誕生日を迎えたいんだ。

10歳。ユニークで繊細で優しくて頑固で、色んな葛藤も抱えているキミに、届くといいな。

たくさん笑ってたくさん一緒にもがいて、たくさん前に進んだお母さんとキミの日々。

そう思い、いくつかに分けて書くから、読んでみてね。


って2週間ほど前から下書きして、写真を見返していたんだけど・・・肩の力が抜けた。

もう、ただただ、ただただ、かわいいぃ!!!

胸がきゅーんとなる。もう一回、抱っこしたい。もう一回、ちっちゃいちっちゃいキミとお昼寝したい。
もう一回、高い高い!をして、キャッキャした声を聞きたい。もう一回、赤ちゃんの頭の香り嗅ぎたいなぁ。


写真っていいな。もう一回、いや何度でも、かわいいが戻ってくる。
アメリカでの子育てスタート楽しかった!広い空を見ながら散歩して、
現地の人にも笑顔ふりまいて。友達もたくさんできて。
でもキミがお兄ちゃんになってからわたしは産後うつにはなるし、大変なこともいーっぱい
あったんだけど、そこに写ってるキミとわたし、そしてそこから伝わってくる気持ちは

大好きだよ。大切だよ。楽しいね。うれしいね。かわいいね。

そんな気持ちのオンパレードだ。わたし、「こんなお母さんでごめん」とか、
「ちゃんとお母さんできてない」とかそんなこと何度も思ったし、何度も泣いたけど、くねくね道なりにもいっぱい愛を届けてきたんじゃない。

胸にじわーっ。

そこへ

「たっだいまー!」

9歳最後の日々の息子が学校から帰ってきた。

「見てーこれ!ぜーんぶキミだよ」

そう言って一緒に写真を見ていたら、

「うわぁ〜!!かわいさで負けたわ〜。
完敗!!」って(笑)

面白いなぁ。小難しい年頃だなぁなんて
悩む時もあるけど、
やっぱりまだまだかわいいぞ!

15件のコメント

うわぁー感動でうるうるですっ
異国での出産子育てきっと大変でしたよね(涙)かわいさでまけた完敗は、中々おもしろコメントが返ってきましたね^^

ここ最近青柳ファミリーの出産記事みて私も産んで間もない頃思い出してたので素敵なエピソードありがとうございます!

美鈴さん、ありがとうございます(^^)アメリカでの子育て、実は最後がどん底に辛かったけど、
始まりは楽しかったことの方が多かったです♪(ちょこっと急いで書き足した笑)
そこら辺、また書けたらいいです♪

わたしも青柳ファミリーの出産前後の記録を見せてもらって、思い返すこと多かったー♡
ここに登校していると、色んなお裾分けを頂けて、感謝の嵐ですね!

山﨑さんのあふれる思いが、行間から感じます。

大変なときもあったけど、今、こうして、あの日を思い出しながら

笑顔でいられることが、何より素晴らしい。

わが子がくれる、たくさんの贈り物ですね。

ありがとうございます!あの時があってこそのいまで、何ひとつ無駄な経験はないどころか、
むしろ宝物に思えてきました。同じような経験をしている人に共感できるから。

お母さん大学に入って、笑顔が増えました!こうやって振り返ったり、お母さんである自分に
向き合ったり、子どもたちと「いま」や「あの時」をシェアし合ったり。
本当に、我が子たちはたくさんの贈り物をくれてるんだなぁと思います♪

はじめまして、東京の杉本と申します。

「もういちどちっちゃいちっちゃいキミとお昼寝したい」にグッときました。
もうすぐ3歳の息子はまだ「ちっちゃい」ですが
それでも新生児の頃の小ささをもういちど味わいたく思ったり
今の目の前の可愛さにもだえたり…。
そんな日々を私も10歳の息子を見て思い出す日が来るかな…。

そして、我が家も近々中東へ駐在予定です。
またそちらの体験談も聞かせて頂けたら嬉しいです♪

はじめまして!コメントありがとうございます(^^)

杉本さんのお子さんは3歳なんですね♡かわいい盛り!
子どもは大きくなるばかりだから、もう一回味わいたいなぁって
瞬間、いくつもありますよね。逆にもうあれは過ぎ去ってくれて
ありがとう!もあるけど(笑)
ぜひ3歳の今のかわいさをこねくり回してください♡
わたしも今をいつか振り返ったら、「たっだいまー!」って
帰ってくる今の日常を可愛かったなぁって思い返すんだろうなー。

そして、なんと!!中東に駐在されるんですね。私たち夫婦は
アラブ首長国連邦のアブダビに住んでいました。暑い国ですが、
フレンドリーな人も多く、面白ろエピソードも楽しい思い出も
たくさんあります。ぜひラクダに乗ってみてくださいねー。
何かあったら何でも聞いてください^^

かわいさ、こねくりまわします♪

そして、なんと
我が家もアブダビに駐在予定です!!笑
お母さん大学でアブダビ駐在経験のある方にお会いできるとは、びっくりです。

あと数ヶ月かかりそうですが
移住が完了したらまたそのレポート記事もアップします♪

なんとなんとー!びっくり。
そして羨ましい〜✨まだお友達いるから、よかったら紹介させてくださいね(^^)
当時日本語を教えていたので、
アブダビのUAE人の生徒さんもいます。
みんなすごく気さくです(^^)
そのうち、アブダビに遊びに行く予定なので(願望)、向こうでお会いできたらいいですね!
何かわからないことがあったら、いつでも連絡ください。海外引越し前後はエネルギーたくさん使うと思うので、お体に気をつけてお過ごしください♡

日本語教えてらしたなんてすごい!
ぜひご友人の方のご紹介や現地情報アドバイスお願いします♪
そしてアブダビにお越しの際はぜひ我が家に〜^ ^

高田さん、ありがとうございます♡
泣かせちゃいました^^;

過去の自分にかわいさで負けたーって言ってることがかわいかった(笑)
コメント書かずにいましたが、高田さんの「エンドレスふー」にも
すごく癒されました♡小さい小さい時をこうやって記録に残して
おけるのも宝物!うらやましい♪わたしは過去を思い出して書いて
みまーす(^^)

すばらしい記事、ありがとう!
ごにゃごにゃ考える前に、
とにかくかわいい!わが子かわいい!全てはそれに尽きますね!
まだまだ10歳はかわいい。
いや、きっといくつになってもかわいい。
「うっせーよ」とか言われても、かわいい。
あらためて気づかせてくださってありがとうございます!

天野さーん!こちらこそ、ありがとうございます♡
もうすぐ10歳かぁ。と思っていたところに天野さんの記事を読み、
母ごころが染みて埼玉まで届きました✨

そうなんですよね!最初ていねいに書いてたんだけど、いやいや
もうこの一言に尽きるな、と。

だんだん難しいお年頃かもしれないけど
我が子かわいい!かわいい。
いま、思いつきました。「あー腹たつ。かわいい!」
「あーなんで話聞いてくれないの?かわいい!」って、イラッとした時は
「かわいい」で締めくくってみようかな(笑)
かわいいの大安売りになっちゃうか^^;

こちらこそ、うれしいコメントありがとうございます。

うんうん、ずっとかわいい!ほんとかわいい!
この記事は、恵さん自身のために書いたのかもしれないけれど、
私の知らない恵さんがここにいて、なんだかうれしくなりました。
また、書いてくださいね!
いっしょに、かわいいって思い出したい、私も。

植地さん、ありがとうございます!
うんうん。自分のために書いてたら、かわいいダダ漏れしました(笑)
なんだかうれしいってコメントがうれしいです^^
最初、10歳の誕生日前までに書ききろうと思ってたなんて、無茶なチャレンジ^^;
でもゆっくり書いていくことで、思い出して色んな自分にも出てきて
もらおうと思います。引き続き読んでもらえたらうれしいです。

息子と角田に遊びに行った写真もありました!あぶ急に乗って、車掌さんと
写真撮ってもらって。今度お見せします♪

コメントを残す

ABOUT US
山﨑恵
肝っ玉母ちゃんに憧れる繊細母ちゃん。アメリカで子育てをスタートさせるも、第二子出産後に産後うつになる。あの頃の自分にも、いま同じ思いをしている お母さんにも言ってあげたい。「いろいろあるけど、それでも大丈夫だよ」って。数年前、夫の実家の横須賀にあるカフェでお母さん業界新聞を手にとる。 配ってくれた人がいて、ここにたどり着いたご縁に感謝! このままの「お母さんであるわたし」でペンを持ち、人と社会とつながりたい。いまは地元埼玉県川口市で子育て・自分育ての根っこを下ろし中。 最近はまっているお灸でぽかぽかするのが至福の時。子ども/小4男、小1女