泣く子も黙る、老舗・小倉屋山本さんの昆布

5歳娘が大泣きしていたその夕方。

バタバタしていて到着していたのに開けていなかった宅急便。

一縷の望み、いや大きな期待を込めて
「昆布、食べる?」と大泣きする娘に聞いてみた。

食べること、
特に初めてのもの、おいしいものに目がない娘。

早速開けて食卓へ
(あめちゃんは大人用にしました(^-^;)。

パッと泣き止んでまだ涙目のまま
「おいしい~」と昆布をほお張ります。

その日以来ほぼ毎食昆布生活に。

私が出し忘れると催促されます。

大阪版・宇賀編集長に、お母さんたちに何かできることはないか?とご連絡くださり、お母さん業界新聞わたし版編集長へと太っ腹で心のこもった昆布たちを贈ってくださった、大阪の老舗・小倉屋山本さん。

ほとんどを家で過ごし、家族以外と会わない、息のつまりそうな日々に、社長の山本博史さんからの応援のお手紙もとても嬉しく感じています。

「お母さん」という存在を想ってもらえたことがありがたいです。

ちなみに…

うちの娘の”押し昆布”はこちら。

普通にご飯と食べるのもおいしい!し、キャベツとほうれん草を蒸して醤油と一緒に。

私の”押し昆布”はこちら。

まだまだあるけど娘曰く
「なくなったらネットで買ってほしい!」
だそうで。はい!そうします!!

小倉屋山本のみなさん、大変な時期そしてお忙しい中、本当にありがとうございます!

これを読んでくださったみなさん、昆布をおうちご飯のお供にぜひ!

小倉屋山本さん オンラインショップ

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約5年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長。年中の娘&2019年11月生まれ息子2人の母。たまにお母さん大学本部公認“企画担当”します! 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師/和みのヨーガインストラクターです。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!昔からある簡単お手当でお母さんゆるみましょー *アメブロもやってます!*https://ameblo.jp/sattsun2525/