お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

初めての料理は・・・

長男5年生、
学校で家庭科の授業が始まってからというもの、
急に料理に興味を持つようになった。

家庭科の教科書をしばらく読んでたかと思うと、
「スクランブルエッグ作ってみたい」と。

いいねえ、ぜひ作ってみたまえ。

教科書通りに分量計って作り出す。
バターは結構たっぷりめ。
卵には塩と牛乳を入れるらしい。

「大きく混ぜると大きな固まりに、素早く混ぜると細かくなります」
と書いてあったので、
「ボクは細かくしたい」と言って素早く混ぜていたら・・・

スクランブルエッグじゃなくて、卵そぼろになった(笑)
素早く混ぜすぎです。

さて肝心のお味は・・・

めちゃめちゃ美味しい!!!
バターの風味と塩気がちょうど良くて、
卵もしっとりしていてまったくパサつかず、
こんな美味しい卵そぼろ・・・いやスクランブルエッグは私も作れたことない!

「本当に美味しい!はるくん素晴らしいよ!」
とべた褒めしてたら、照れていた(笑)

今度鶏そぼろの作り方でも教えようか。
そしたらそぼろ丼が作れる!

米炊ける、出汁取れる、そぼろ作れる、ますます完璧。
1人で生きていける。

今のこのやる気が保たれているうちに、
いろんな料理を仕込もう!

4件のコメント

ぜひつくってみたまえ。
こんなに美味しい卵そぼろ…

もう!クスクス笑いながら読んでしまった!!!

最近わが家も手伝いたい!
包丁使って切りたいの!と、限定されたお手伝い(それ以外は嫌だ!それお手伝い…?)をいいます。ハラハラしていると、じゃあ子ども用の包丁を買って!と言う!笑

これは、、料理男子に育て上げるしかないのか…?
その昔、結婚相手の条件はご飯が作れる人だった。母が楽になるためには…これは育てなければ…?
料理男子せんぱい!わが家もその道を行かせようかしら?笑

包丁は怖いよね!
私もまだ使わせたことがないの・・・
やっと最近、ガスコンロデビューさせたくらいで。

子ども用の包丁、その昔100均で買ったよ(笑)
まずはバナナを切ってもらおう(笑)

料理男子!お互い息子たちをそう育て上げよう!
パパが料理してるなら、きっと抵抗なくやってくれるはず。

もうね、ごはんと味噌汁くらいは作れないと、と思うよ。
それこそ息子たちの時代には、料理作れないと結婚できないと思うわ!(笑)

まさかの「家庭科男子」になりました!
お裁縫も好きみたいで、
早くもボタン付けをマスターしたとのこと!
興味のあることはどんどん覚えてくんだなあと、あらためて痛感しているところです。

天野鶏そぼろ丼!
近いうちにご披露します♪

コメントを残す

ABOUT US
天野智子
MJプロ/みそまるマスター/お母さん大学岡崎 代表/ 小学5年生と幼稚園年中の男の子2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 旧家の農家の跡継ぎ長男の妻として敷地内同居中。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。