お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

コックポーン

お友だちのお母さんが作ってくれたコックポーン(ポップコーン)。

「コックポーンおいしいね。」と、言い間違えながら食べる息子がとてもかわいくて、

私はなんども、「今何食べてるの?」って聞いて、
息子の“コックポーン“をなんども聞いた。

 

かわいいなと思っていると、またさらにかわいい出来事が。

 

お皿に残った、とうもろこしを乾燥させた粒。そう。ポップコーンを食べると下の方に残っているあのかたいやつ。それを数個握りしめて、ベランダへ息子が向かった。

なにするんだろうと思って見ていたら、ベランダにあるサボテンとアロエの鉢植えの土の上にそのトウモロコシの粒を蒔きだした。

「種まきしてるんだよ。」という息子。
かわいくて、笑っちゃうな。

コックポーン、はえてくるかな。

4件のコメント

本当にお世話になりました☺︎
コックポーンの花が咲いたらその種からまたコックポーンつくります。その頃にはもうポップコーンって言ってるかもしれませんね。

また戻ってこれました!あちらこちらでお世話になってます。
体形!確かにかわってますね。ぽちゃぽちゃだった頃が懐かしいです。

コメントを残す