企業型保育所ってどんなところ?PART3

高知版8月号、編集部の気になるモノコト突撃取材!「見たい!聞きたい!ソレ知りたい!」のコーナーは
企業主導型保育所 学校法人やまもも学園さくら保育所の取材記事です。今日はPART3。

学校法人やまもも学園

さくら保育園をたずねて

最後の質問は
突然の子どもの病気。 そんな時は?

さくら保育園には病児(小3まで)の預かりもあります(費用は要りませんが、別途申し込みが必要)。園には看護師が常駐しており、専用の部屋でゆっくりと過ごすことができます。

専用部屋は、トイレや洗面所も別に設置。感染性の高いインフルエンザなどの場合でも、健常なお子さんへの感染を防ぐ配慮を施しています。

病児保育専用の部屋は一番奥。専用のトイレや洗面所、外からの出入口も用意されています。

この病児保育サービスは、さくら保育園の契約者以外の方も利用できます。近くにお住いの方や仕事場が近くにある方などで、お困りの方がいらっしゃいましたら、遠慮なくご相談くださいね。

お問合わせ先
さくら保育園
TEL:088−856−9660
FAX:088−856−9661
住所:高知市桜井町1−10−28

槇村先生お話ありがとうございました。

この他にも、さくら保育園では、

玄米・野菜・魚を中心とした手づくり給食で、安心安全の食育を進めています。

そして、園内の水は3段階(異物処理、活性炭での徹底濾過、機能性セラミックスで活性化蘇生)の浄水が行われています。

 

*取材を終えて*
さくら保育園の、なんともいえない安心感と居心地の良さに、子どもたち同様、私まで癒されてしまいました。
これから増えてくるだろう「企業主導型保育所」。
認可外保育所なので、個々のサービスはさまざまです。
働くお母さんの選択肢が広がる反面、見極める目も必要になってきます。
その意味でも、顔の見えるつながりの中での情報が、ますます大切になってくるだろうと感じました。(高木)

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。