「お母さん」も「私」も 楽しむ姿を見せたい

せっかちでおしゃべりな私と真逆の夫。そんな私たちの元にやってきた3人の子どもたち。お調子者でよく笑い、人懐っこい長男。賢くて頑固、魔法を使って赤ちゃんが欲しいと話す長女。照れ隠しなのか変顔ばかり、『るろうに剣心』の剣心になりたい甘えん坊の次男。

結婚して10年。最近は長男の少年野球にハマり、充実感とほどよい疲労感の日々。

子どもには「人生を楽しんでもらいたい」と思って子育てをスタートした。それなのに先日、長男が「大人になったら、子どもは1人か2人がいい。だって3人って大変やん?」と言うのを聞いて、猛省。私は大変で、楽しそうじゃなかったのか…。

子育ては希望にあふれているが、苦手なことにも向き合わされる。特に、「信じて見守ること」はとても難しい。できなくて落ち込んでいると、子どもが「ま、いっか!」「大丈夫、大丈夫!」と言って助けてくれることもしょっちゅう。夫も言葉はないが、「ゆっくりね」とでも言うかのような態度でいてくれる(だよね?)。

どんな私でも「お母さん」として認めてくれていることを実感する毎日。でもこれからはもっとワクワクする「私」を見せていきたい。

毎朝、子どもたちを見送るときは、「行ってらっしゃい、楽しんでね」と声をかける。もちろん、母である私も、人生を楽しむからね!

(寺原萌子/福岡県筑前町)

(お母さん業界新聞ちっご版4月号表紙 そのまんま家族)

春爛漫の4月号の表紙。
お兄ちゃんの野球練習前に学校の裏で撮影してきました。
人懐っこい3人の子どもたちと仲睦まじいご夫婦の様子に、撮影班もほっこり幸せな気持ちに。



ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪