福岡小郡9月折り込み&おしゃべり会

9/7、通算15回目になる我が家での折り込み&おしゃべり会が無事に終わりました。

前日の深夜、私の故郷である北海道で地震が起こり胃が痛み落ち着かなかった中での開催。参加者さんのひとりに北海道出身の方がいて故郷を思う心配な気持ちを共有することで始まった今月の会でした。

顔ぶれは毎月違うけれど、月に一度我が家に集まって、近況を好きずきに話し合う。

それぞれに直面していること、楽しいことも不安も抱えている問題も別々なお母さんたち。その思いを吐き出すことができる場所になっていることを実感するし、相手が初対面でも顔見知りでもそんなこと関係なくみんなが打ち解けている姿を見ると毎回嬉しくもあり不思議でもあります。

今月は参加者さんが多く、車を停めるスペースが足りなくなるかもしれなかったので事前にご近所さんに駐車場を貸していただけるようにお願いしていました。(仕事復帰まで折り込みに参加してくれていた方です。)

結局一台が停められず、その方の駐車場に停めようとしているとちょうどお向かいのご主人が外出するところで、「うちに停めて大丈夫ですよ、もう出るから」との声がかかりそちらに停めさせていただきました。

地域のお母さんたちのつながり、ご近所さんとのつながり。顔の見える安心した関係。

きっとこの小郡のどこかにもつながりを持ちたくても持てない、持つ術がわからないという方がいると思うと、新聞がその方に届いて、このあったかい空間に一歩足を踏み入れてほしいと願います。

ちなみに、、、今月は10名での開催、子どもたちも8名と大賑わい。隣のお母さんと話すにも声を張らないと会話ができません。

木曜に開催したおしゃべり会ですが、月曜になった今でも私の声は枯れています笑

 

 

 

2 件のコメント

  • はじめまして。藤川と申します。
    実は、私も北海道出身で、両親や妹、友人達が被災したと聞き、近頃気持ちが落ち着かずにソワソワと過ごしていました。
    私は縁もゆかりもない静岡に来て、子どもと毎日家の中で過ごす生活に不安を感じる時期があったのですが、折々会やお母さん同士が集まるイベントに参加して、ほかのお母さんと繋がりを持つ事が出来、とても良かったと思っています。他のお母さん達と交流を持つ機会が出来る折々会を、毎月開催して下さる方々には、感謝してもしきれません。

    • 藤川さん、はじめまして、こんにちは!
      同郷の方に出会うと嬉しいです。

      ご家族、お友達の生活が1日でも早く日常に戻ることを願います。

      縁もゆかりもない土地での生活、育児、本当に不安だし孤独ですよね。
      私も長男の妊娠は神奈川に引越してすぐのときだったのでとても辛かった、、、
      折り込み会は必要ない方にはまったく必要のないものだと思うけど
      必要な方にはものすごくものすごく大切な場所だと思います。

      孤独を経験したことがあるとなおさら感じますね。。。
      少しずつでも広がっていくように頑張ります!

      コメントありがとうございました、うれしかったです☆

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    福岡県小郡市在住、6歳(2012年9月生まれ)&3歳(2015年3月生まれ)の2学年差男の子ふたりのお母さんです。 お母さん業界新聞のファンです。 2017年3月より地域版「小郡謳歌版」を発行。 自宅で新聞折り込み&おしゃべり会を月に一度開き、地域のお母さんたちとのつながりを作っています。 ☆趣味/読書・プロ野球観戦(ホークス)・美容・ファッション・三浦大知 ☆職業/ヨガインストラクター ☆2019年の目標/自分の心の声を聞いて行動!! 上り坂、下り坂、でこぼこ道・・・毎日いろいろあるお母さん業だけれど、みんなと一緒に「お母さんである毎日」を謳歌したい!!! ☆どうぞよろしくお願いします☆