お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

小さな一手間の威力

大好きなお母さんの記事を代理投稿させていただきます♪

かわちゃんのFBの朝の記事にハッとさせられました^_^

 

朝ごはんをあまり食べない末っ子。
「おにぎりなら食べる」

サランラップで軽く丸めた塩ご飯に
海苔を巻いたおにぎり2個
お茶わん1杯半のご飯の量を完食した末っ子

小さなひと手間の威力を感じた
手抜き母の朝ごはんの時間。

(久留米市  マザージャーナリスト川田理佐子)

 

3件のコメント

ホント、それそれ!
私も川ちゃんのこの記事読んでひとり、そーだそーだ!と嬉しくなった。
ほんのひと手間。
これに母の愛を感じないわけがない。
このことをうちに来てるシンママに伝えてるつもりなんだけど、、、なかなか伝わらない。

せいこちゃん

おつかれさまー
オニギリにすることも一手間になるのだとハッとした記事でした♪
みんなステキな記事をFBにアップしているから、
見つけたらこれからはもちろん声はかけるけれど、
ココにも勝手にアップしていこうと思った次第でしたー

今朝は夫が子どもたちの約束を忘れて出かけていってしまってプリプリしているとこー

コメントを残す

ABOUT US

池田彩お母さん大学福岡支局長
お母さん大学福岡支局長/旧 お母さん業界新聞ちっご版編集長。長女が1歳の頃にお母さん大学に出会いマザージャーナリストに。ペンを持ったことで視点が変化し、「お母さんになれてよかった!」と心から感じる。久留米で活動をスタートして13年。現在は、久留米市合川町の「松葉荘」で居場所づくりをしながら、九州中のお母さんにお母さん業界新聞を届けようと奮闘中。3児(中3、小6、小2)の母/MJプロ/みそまるマスター/みそソムリエ