『お母さん業界新聞 秋月版』2020.5月号 第73号

『お母さん業界新聞 秋月版』2020.5月号 第73号できました。

【コロナ休みのできこと】

次女『いつも仕事で会えないママの妹が遊びに来てくれたよ♪』

(うちの妹なのに、子どもたちは、私の子どもと思っているのよね💦可愛いおばさんは、みんなの憧れの的です)

長女『ママから北斗の拳を教えてもらったよ』

三女『パパからバカ殿を教えてもらったよ』

(よく似た者同士の夫婦って言われるんたけど、こういうとこかな?(;A´▽`A)

【他にもこんなことをしたよ】

▪️遅寝早寝できるようになった(いいのか?それで?)

▪️九九を何となく覚ええた(何となく?)

▪️ミシンでリカちゃんの服を作ったよ(ママも、時間の余裕のおかげか、優しく教えることができました(“⌒∇⌒”))

【小さい声で本音】

要するに、、、『緊急事態宣言で在宅ワークになった私。子どもともゆったり過ごせて、家事と仕事も両立できて、この生活スタイルが、とっても良い。なんだか夢見てた幸せが来た感じ(掴んでない。)』

でも、そんなことを言ったら、不謹慎というか、自分だけ良い思いをしているみたいで、良くない気がしてしまう。。。毎朝通勤ラッシュでもみくちゃになりながら、必死こいて、仕事行って時間に追われてクタクタにくたびれて、ちょっとしか給料もらえないけど、子どもたちの寝顔と風呂上がりのビールにささやかな幸せを感じています。って言ってる方が、不幸せなのに、大きな声で言える。。。変ね。

【マヨネーズ懺悔】

“遭難した人がマヨネーズをペロペロ舐めて1週間生き延び、無事生還した”というのを大昔、テレビで観てから、こういう非常事態がやって来ると、『マヨネーズ買わなきゃ』と思うようになりまして、今回も、

コロナで大変→天災もやって来るかも→備えが必要→マヨネーズ買わなきゃ

という思考回路でマヨネーズを買ったわけですが、、

マヨネーズを見るたびに、胸の奥がチクってする苦い思い出があるんです。

【笑母通信】

水城さんの母心

山下さんの母心

そんなこんなな、73号でした。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

11、8、5歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。