お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

今日、厚木の中央図書館でお会いしたお母さんへ-折々おしゃべり会

これを読んでもらえたらいいなと思いつつ…

今日、中央図書館でお会いした2歳の男の子のお母さん!
改めて、話しかけてもらえてとても嬉しかったです。

月曜に新聞の「折々おしゃべり会」をしますので、よかったらお子さんといらしてくださいね。

チラシをお渡しするのをうっかり忘れてました(>_<)

詳しくは写真と、お母さん大学厚木支部Facebookページをご覧ください♪

もちろん、このお母さんに限らずどなたでもお待ちしてます!

7件のコメント

わー!こうやってここに告知するのいいですね♪
お話した方と、連絡先聞くの忘れたー!って時、あるもんね!
それにしても、幸恵さん頑張ってるね♡
良きご縁がたくさんありますように。
応援してるよー!!

あれもこれもはできないから、自分にとってどこを選択するのかになるのはよくわかります。
ご指摘のように、この場所は反応がなければ寂しく感じられるという本音もわかります。
だから私の役割はこの場所でコメントする人になろう、お母さん大学の大事な居場所作りはそんなところにあると思います。

コメントを残す

ABOUT US
曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/