高知版4月号 高知ピープル 尾﨑美穂さん

お母さんのつくったカフェ

「カドルカフェ」代表 尾﨑美穂さん

 

手づくり感溢れるあったかい手書きメ ニューにベビーベッド、 赤ちゃんをおんぶして接客中のスタッフもいる「カドル カフェ」。

店名「カドル」には、「やさしく抱きしめる・寄り添う」の意味が込められています。

県のチャレンジショップ制度を利用して、土佐町 田井にオープンしたこのお店、スタッフ 7 人のうち 5 人が、まだ小さい子どもを持つお母さんです。

「お母さんが働ける場所、お母さん同士や社会 のつながりが生まれる場所をつくりたかった」と、 代表の尾﨑さん。「料理や接客好きな仲間が ”たま たま “集まってオープンできた。みんなでメニュー を試作しているときが、一番楽しい時間です」。

子どもからお年寄りまでが安心していただける、 体にやさしいノンカフェインコーヒー、嶺北産の米粉や小豆、牛乳や卵を使った、スイーツや軽食を提供。

「お客様は、子連れじゃなくても大歓迎(笑)。お父さんも地域の人も、みんなで集まってくつろげる場所になればいいなと思います」。

チャレンジ期間(最長 1 年)が終わるまでには、 この町にしっかりと根をおろし、存在感のある店にしたい、と夢を語ってくれた尾﨑さん。

お近くの方はもちろん、遠方の方も、ちょっぴり足を延ばしてカドルカフェへ。お母さんたちの素敵な笑顔に、きっと出会えますよ。

(取材・町田由岐子)

cuddle cafe(カドルカフェ)                                                                                             高知県土佐郡土佐町田井 1485 TEL 070-2194-8289                                                         営業 :10 時 ~16 時 定休 : 土(不定期営業)・日・月

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし3年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。