やさしく守るよ

娘をぎゅーっと抱きしめた。すると突然、思いがけない言葉。
「たーたんは…やさしく守るよ」え? 私「誰を守るのー?」。娘「…ママだよ」。
それを聞いてびっくり。

娘「元気パワーをいっぱいにして早く走れるようになるの。それで、みんなを守るの」。私「みんなって誰のこと?」。

娘「パパとママとにぃにだよ」。

私、会話しながら涙が溢れてきてポロポロとこぼれてしまった。

今度は娘が私をぎゅーっと抱きしめる。娘「大丈夫だよー。泣かないで」。

3歳の娘の腕の中が、まるでお母さんのようだった。

花島由香理/藤枝市

(お母さん業界新聞201801/MJコーナー)