8月31日は「野菜の日」 

▼8月31日は「野菜の日」。ある調査では、苦味、エグ味や渋みなど複雑な味を理由に「嫌いな野菜」を挙げる子どもは6割にも上るそう。でも不思議と、大人になるにつれ、嫌いだったものをむしろ好きになる人が多いのも、野菜の特徴なのだとか

▼野菜を丸ごと食べる「ホールフード」を提唱している料理家のタカコ ・ナカムラさんが広めているのは「ベジブロス」。ベジタブル(野菜)+ブロス(だし)の略。野菜クズの中に多く含まれている機能性成分「ファイトケミカル」で免疫力を高め、美容&健康生活を、という提案だ

▼「リボベジ」とは、野菜クズを再生させるリボーン・ベジタブルの略。野菜の根っこや切れ端を水につけて1~2週間もすれば葉がすくすく育ち、やがて料理に使えるほどに。食費の節約と手軽に育てる喜びが実感できるとあって人気だ。ねぎやにんじん、水菜や豆苗など、再生力が強く、管理がラクな野菜がおすすめだ。
水の量さえ気をつければ、面白いように育ち、繰り返し収穫できるという点も魅力。キッチンに緑の彩りも、華やかで美しい。

(苺一絵1708)