指差しで会話ができるエコバッグ「エココミ」

マスク着用が当たり前になったことで、
コミュニケーションが取りづらくなった方たちがいることを忘れてはいけない。

聴覚障害者の方たちだ。

これまでは口の動きも合わせて会話を理解していたため、
マスクをしている状態での会話は”ミュート”にして聞いてるのと同じだという。

そこで、ご自身も聴覚障害のある
福岡県久留米市在住、漫画家の平本龍之介さん(40)が、

買い物時、イラストを指差して意思表示ができるエコバッグ「エココミ」(エコバッグ×コミュニケーションボード)を開発した。

「はい」「いいえ」「いくらですか?」など17の言葉とイラストが書かれ、マスクで口元が見えなくてもコミュニケーションができる。

3色。ネットでも購入できる。

(お母さん業界新聞3月号 ハハコミ掲載)

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪