今日 すてきな詩の本

ニュージーランドの子育て支援施設の壁に

貼ってあった作者不詳の詩を持ち帰って

日本で詩の本となった。

訳者は詩人であり

熊本文学隊を旗揚げされた伊藤比呂美さん。

熊本のお母さん大学生が

「何しろすばらしい人なんですっ!」と

興奮していたのを思い出す。

「ずっと見てきた日本の、疲れはてた、でもがんばって子育てしている母親たちに伝えたい」*と発見者の関口香さんが思われたそうだ。

「英語圏では、人を慰め、励ますための、よみ人知らずの詩がいくつか流布しています」*

*あとがきより

今日、

わたしはお皿を洗わなかった。

こんな言葉から始まるこの詩。

後まで紹介したいがやめておこう。

ぜひ書店で手に取ってほしい。

私がこの詩に出会ったのは4年前だけど

ちっご版編集長・池田さんが発信した

「なにもしないという価値」につながる。

世界のお母さんたちがこういう血の通った

あたたかな言葉に助けられる。

名前も残さず誰かの目に止まれ、と

祈った作者

この詩の本を世に出すために関わった方々

そしてお母さん大学、池田さんや私も

お母さんの笑顔と子どもたちを守るため

重要な使命感に動かされている。

お母さんだけでなく

お父さんも子どもも

命に関わる全ての方に読んで欲しい詩。

 

★すてきな青い装丁に夕焼けのような赤の帯が印象的。

本を買うとたいていは帯をとってしまうけど

これはずっとこのままで置いておきたい。

ちなみに帯をとるとこんな感じ。

Today  今日

伊藤比呂美 訳  下田昌克 画  福音館書店

ABOUTこの記事をかいた人

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪