お母さん大学の今月の宿題(特集)テーマです。

今月の宿題です。

特集  春色のお母さん  ~わが子のために、とびきりの笑顔になる~

冬の間、ずっとベビーカーでお散歩だったのに、いつの間にか、わが子は、ベビーカーから飛び出し、とことこと歩き出した。
重いコートを脱いだお母さん、子どもグッズがたっぷり入った大きなカバンも、少しだけ軽やかに。
一時もお母さんと離れなかったわが子が、いよいよ入園の時を迎える。不安と喜びで心がいっぱいのお母さん。
ピカピカのランドセルを背負って、お友だちと手をつないでを歩いていくわが子。
ずっとずっといつまでも、わが子が見えなくなるまで、わが子の姿を見ているお母さん。

春色のお母さんが、あちこちにいますね。

さて、新しい世界でがんばるわが子のために、お母さんができることは、ただ一つ。とびきりの「笑顔」になること。

とびきりの「笑顔」になるために、この春、何か始めませんか?

部屋の模様替え? お庭に花を植える? PTAや地域活動にチャレンジ?ずっとやりたかった勉強を始める?
思い切って仕事を始める? それとも、春眠? ぽかぽか春風に揺られて、疲れた体を癒すのも悪くない…。
とびきりの笑顔になるための、自分プロデュースをしてみませんか?

ということで、この春、何かを始めることがあれば、教えてください。
まだ、考えていなかった人は、ぜひ、この機会に、ぜひ、笑顔になる小さな一歩を探してください。

これが、今月の宿題テーマです。
皆さんの小さな一歩が、たくさんのお母さんの小さな一歩につながり、日本中が笑顔のお母さんたちで溢れることを願っています。

PS.
この企画の背景には、昨今の虐待へ思う気持ちもあるのですが、。
虐待を記事にしても、読んでほしい人には届かない気がして、
だとしたら、とにかく、一人でも多くのお母さんたちが、笑顔なるこを願って、企画しました。
一緒にペンを持ってください。

春のやさしい風が、みんなでつくる今特集を、
全国のお母さんたちに届けてくれると思います。
どうぞ、よろしくお願いします。(編集部)アップすぎないよう、ゆとりをもって撮影してください。
写真を送る際は、件名に名前を。
それが何であるかを簡単でいいので書いて送ってください。

★締切は3月18日(月)必着。

★宿題の回答は「コメント」をクリックして書き込んでください。
スレッドで回答してしまうと混同してしまいますので、ご注意ください。
誰かのコメントに意見や賛同がある場合は、その人の「返信」に。宿題の回答はあくまで、本題への「コメント」でお願いします。

または、メールで info@30ans.com へ。その場合は、
(1)本名 (2)ケータイ(日中連絡がとれる番号、アドレス)を記し、
タイトルは「春色のお母さん/名前」でお願いします。

※複数回答歓迎です。
※宿題の回答が掲載された場合、定期購読者でない方へも掲載紙を差し上げます。
希望者は送り先〒住所、氏名、電話番号をお知らせください。

では、どうぞよろしくお願いします!

お母さん大学編集部

★自由回答(投稿)。字数や表現方法に制限はありません。

★回答に添える写真がある人はぜひ送ってください。
写真はリサイズしないままJPGで info@30ans.com まで。
ケータイでもOKです。

7 件のコメント

    • 大石さん。

      おもしろいね。昭和天皇ではなく、明治天皇なのね。
      なんで、興味を持ったか、今度、教えてね。

      宿題は、母の湯というコミュニティに提出場所があるので、
      今度、のぞいてみてください。
      みんなの宿題を読むのも、楽しいよ。

  • 春色のお母さん/安藤裕子

    わたしがやりたいこと。
    それは子どもと一緒にもっともっと料理を作ること。
    忙しさにかまけて、なかなか料理を作れていない最近のわたし。。
    春休みには娘と一緒に美味しい料理を作りたい!
    一緒にニコニコしながら食べたい!
    一緒に作れる料理を作りたい!
    がんばります。楽しみます!

  • 自分で企画してヨガを開催したいと思います。去年は大牟田のお母さん大学生たちに企画してもらったのですが、今年は自分でやってみたいと思います!
    あと、メンタル面の勉強。自分の気持ちに気づく勉強会に今参加しているのですが、自分の思いをスムーズに伝えたいと思うので、引き続き参加したいと思います。

    • 仲間がいるから、佐藤さんの一歩が広がりました。

      そして、今度は、自分自身の一歩。

      大変だけど、その苦労をして、はじめて、自立します。

      ヨガの講師は、たくさんいるけど、大事なことは、佐藤さんだから・・・

      佐藤さん自信が母力をぐんと上げて、佐藤さんの魅力を表現することが大事です。

      ペンを持っていれば、それがわかりますよ。

      と、最後の言葉を言いたい私でした。ちゃん、ちゃん。

  • コメントを残す