お母さんなら、わかる

お母さん大学は、母であることを感じるところ。

お母さん大学は何も教えない。

先生は唯一、わが子。そして、キャンパスは家庭。

10年前、お母さん大学を立ち上げたとき

その意味が、お母さんたちに少しも伝わらなかった。

何も教えてくれないなら、メリットがないならと、離れていく人も多かった。

でも、私は、

お母さんなら、わかると信じた。

そして、10年。

その意味がわかるお母さんたちが、ここにいる。

ペンを持ち、じっと心で感じている。

仲間の記事に笑ったり、涙したり、怒ったり。

そして、親からもらった大切な名前で発信する。

フツーの日々が幸せだと知る。

安達さんの記事

お母さん大学には、大学生しか見れない「夢ひろば」というコミュニティがありました。

そこは、まさにお母さんの心いっぱいの場。

誰もが、安心して発信でき、誰もが人を思いやった場。

その場を閉じること。

それは、その場を広げること。

私が言わなくても、お母さんなら、わかる。

きっと、この安達さんの記事を読んで、たくさんのお母さん大学生が

そうだ、そうだと、うなずいているでしょう。

お母さんの心を日本中に広げることが、

私たちフツーの母親=マザージャーナリストのシゴトです。

 

たった一人で子どもを育てているお母さんへ

わが子が愛せないと、苦しんでいるお母さんへ

笑顔を忘れてしまったお母さんへ

 

子育ては、大変な仕事です。世界で一番ハードな仕事。

いつも笑顔ではいられません。

でも、すべてのお母さんには、

母になるという「とびきりの楽しさ」を与えてもらっていることを、

忘れないでくださいね。

辛いときは、ここに仲間がいます。

みんな、同じ道を歩いていますよ。

 

これから、MJの私たちが、お母さん業界新聞と、このお母さん大学サイトで、

お母さんの「心」をしっかり発信しますので、キャッチしてください。

そして、もし、あなたが笑顔になれたら、

今度は、あなたがペンを持つ番です。

 

《マザージャーナリストは、フツーのお母さんです》

3 件のコメント

  • 藤本さん。
    今年に入って地域版を2回書きましたが
    3回目が書けなくなった所でした。
    この地域版は誰に向けて書いているのかな?
    これを読んではたして人は面白いのかな?
    と正直わからなくなっていました。
    田中さんに相談したら
    普通のお母さんが普通の日常を書いて
    そのままでいいんだよ、面白いんだよ!
    と教えてくれました。
    私もまだまだ道の途中です。

  • お母さんならわかる。
    誰かが大変そうなら、自分も少し汗をかく、それがお母さんでしょ。

    少し違うかも知れないけど、自分ばかりが大変だと思っていた私にとても響いた言葉でした。

    我が子をかわいいと思えない、お母さん失格と思ってたけど、そもそも失格ってなんだ⁉子どもたちはどんな私でもお母さんと慕ってくれる、許してくれる。広いなぁ~

    それならいっそその海で泳がせてもらおう!
    間違ったら謝ればいいや…
    失敗談、ひどいお母さん談を新聞に書くたびに、私の心が癒されていきました。そしてかけがえのない仲間ができました。

    地域版を書き出して4年経ちました。
    仲間のみんなのお陰で、出産を挟んでも休刊せずに続けてこれました。
    でも、それでも誰が読んでくれてるのかな?
    と、ふとざわざわするときはあります
    この新聞を書くことで、イライラがネタになり、笑っちゃったり反省したり。

    新聞を書くことで救われてるのは、毎日イライラしちゃうフツーのお母さんの私なんです(^^)

    • 福田さん

      もう4年になるんですね。
      続けるって、大変なことだと思います。
      3年すぎるとね、もう、自分のためから、ちょっと違い領域で広がっていると思うよ。

      子どもたちのためとか、社会のためとか、そんな政治っぽい言葉は言わなくても

      ちゃんと、お母さんの心の根っこが広がっていると。

      だから、

      3年たったら、いつ卒業してもいいですよ。
      ちゃんと、根っこから、芽が出てきますから。

      次のお母さんに、種を蒔くのも、私たちのシゴト。

      私みたいに、30年も続けると、新聞の置き場所に困るので、ほどほどに。

      今の福田さんの新聞が、ある日、雨上がりの虹のように輝く日が、必ず来ます。

      そのとき、新聞の意味や、価値が、100倍になります。

      お互いに、楽しもうね。

      佐賀でお会いできること、楽しみにしています。

      前日の福岡の集客も、よろしくお願いします。

      きっと、池田さんが、苦しんでいると思いますので。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    株式会社お母さん業界新聞社 代表 お母さん大学 学長 お母さん業界新聞 編集長 娘3人、孫4人 大好きなもの:TUBE・温泉・ビール