たっくんのお家

1歳になったたっくん。ハイハイも上手になり、欲しいものを見つけたら、豪快にハイハイしていく。その後ろを、オババもハイハイ。「待て!待て!」と後から着いていくと、めちゃくちゃ喜ぶたっくん。でも、ハイハイって意外に難しい。なかなか上手にできない。

さて、1歳の誕生日を迎えたたっくん。何をプレゼントしようか。ただのおもちゃじゃ、つまんない。「オババ、最高!」っていう顔をさせたい。たっくんの後ろからハイハイしているときに、ピカッとひらめいた。

そうだっ!「たっくんのお家」をつくろう。そういえば、子どもって、押し入れとか狭い所が大好きだよね。大人には入れない秘密基地。そこには、たっくんのお気に入りがいっぱいそろっている、そんな隠れ家。

そんな私の企画に、編集部スタッフも賛同! 仕事ではなかなか意気投合しないのに、この企画は打ち合わせなしにあうんの呼吸で進む。この日も忙しいというのに、仕事をほったらかして「たっくんのお家」づくりに励んだ。窓をつくって、ドアをつくって、壁には絵を描いて、部屋の中央には、たっくんが大好きなハンドルを取り付けた。この家は走る家だ。壊れたノート型パソコンも部屋に入れた。ハンドルの横にはエンジンをかけるキーが付いていて、ミニ辞書に、写真立てに、キーホルダー…。うん、このまま、たっくんは冒険の旅に出られそう。

さぁ、いよいよ完成だ! 果たしてたっくんは、このお家を気に入ってくれるだろうか…。シミュレーションも万全! 「ウェルカム、たっくん!」。わざと遠い所にお家を置いた。たっくんがどんな風に中に入るか、少し離れてこっそり見守る私。あっ、中をのぞいている。正面にあるハンドルを見つけて、まっしぐらに家の中に入った。まるで、ネズミ捕りにかかった子ネズミくん。たっくんは、ハンドルを右手で回し、左手でキーボードをたたき…大コーフン。

世界にひとつしかないプレゼントを、たっくんは、きっと忘れないだろう。いや、忘れてもいい。今、この瞬間、たっくんが感動したという事実を、オババは一生忘れない。

そんなことを言ってたら、たっくんがいつの間にか2本の足で歩き出した。右と左の足を交互に出して歩いている。その感動の瞬間を、オババはしっかりこの目で見た。

育児日記2006年5月号 写真2

ABOUTこの記事をかいた人

藤本 裕子

株式会社お母さん業界新聞社 代表 お母さん大学 学長 お母さん業界新聞 編集長 娘3人、孫4人 大好きなもの:TUBE・温泉・ビール