7か月遅れのお宮参りの会

私事ですみません。

今日は、4番目の孫なぎさちゃんのお宮参りの会(食事会)でした。

本人の入院や私の仕事で遅れてしまって、7か月遅れでやっと今日実現。

場所は、横浜の元町にある霧笛楼。 //www.mutekiro.com/

総料理長の今平茂シェフに、ミソガール(娘・智子)が大変お世話になっていて

会をやるならここで、と思っていました。

特別にフレンチ風味噌リゾットを出していただき、おいしかった。

日頃、フレンチなんて食べたことがない孫たちは、ちょっと緊張気味でいつになく静か。

ソフトドリンクにジンジャーエールを頼んだたっくん(12歳)は、その辛さにびっくり。

が、お兄ちゃんらしく、これが本物の味と、我慢しながらも満足気に飲んでいた。

コーラを「おかわり」といったとうま君(8歳)は、

ママから、ここはドリンクバーじゃないよ、と叱られた。

もう、20年も一緒に仕事をしている金子さん、青柳さんも参加してくれた。

そういえば、このメンバーで集まるのは、

宮古島でやった、あっちゃん(長女)の結婚式以来だね、と金子さん。

確かにこのメンバーだった。

今日は、みんなのおかげでいい家族記念日になりました。感謝!

主役のなぎちゃんは、フレンチの離乳食?ではなく、

ママ持参のマズそうなおかゆとかぼちゃを食べていた。

きっと、大きくなって、文句言うだろうな。

私のチョー自己満足記事なので、少しだけ情報を。

横浜元町霧笛楼、本日のメニューです。

 

 

 

 

 

 

畳に椅子席。和と洋が調和した

落ち着いた雰囲気のお部屋で、子連れにも最高でした。

 

 

 

 

 

 

畳の部屋でハイハイするなぎさちゃん!

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本 裕子

株式会社お母さん業界新聞社 代表 お母さん大学 学長 お母さん業界新聞 編集長 娘3人、孫4人 大好きなもの:TUBE・温泉・ビール